流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!



    1 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] :2017/06/27(火) 05:18:03.25 ID:F/eXhekG0 BE:306759112-BRZ(11000)


    今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)は8月26~27日に放映されることがすでに発表されているが、恒例のマラソンランナーは誰なのか、いまだに発表されていない。
    例年ならば早くて5月末ごろに発表されているものだ。

    「情報ではベッキーや元『SMAP』の草彅剛、ブルゾンちえみなどにオファーがあったという話が錯綜していましたが、どうも全部ガセ情報だったようです。
    現実としてはお笑い芸人になるのでないかというのが、われわれ記者のあいだでの見立てです」(芸能記者)

    24時間テレビのランナーは、走ることに感謝しないと務まらないという"建前"がある。昨年走った落語家の林家たい平は、オファーが来たときにこう思ったと語っていた。

    《笑点50周年の展覧会に行って、笑点がたくさんの人に愛されていることを感じた。その後に『走ってくれませんか』と言われた。
    50周年の今、自分がここにいる意味、師匠が倒れてしまった意味、歌丸師匠が勇退なさる意味。
    いろんなことが怖かったけど、全てが背中を押してくれた。師匠が元日に『俺は絶対に復帰するから』と言ってくれた言葉を受け、弟子として何かできないかと思っていた》

    「ランナーには走るための"大義名分"がないといけません。
    イメージ的には、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音あたりがみそぎのために走るのが話題を呼びそうですが、もちろん無理でしょう。
    ほかの線だと、"人生に苦労している誰か"を探せ、という話になってきます。もしくは新生活に向かい、気合いを入れたい誰かでしょう」(前出・記者)




    いまだに24時間テレビの「ランナー」が発表されない理由
    https://myjitsu.jp/archives/24949


    【いまだに24時間テレビの「ランナー」が発表されない理由】の続きを読む


    女優がアイドル化してるよね。

    1 Egg ★ :2017/06/27(火) 07:32:04.56 ID:CAP_USER9

    黒木瞳、夏目雅子、松坂慶子、名取裕子、十朱幸代……かつて銀幕を彩った女優たちは、みな体当たりの濡れ場に挑戦してきた。
    しかし最近の日本映画では、後世に語り継がれるようなな濡れ場を演じる女優は少ない。なぜ"濡れ場"は減ってしまったのか?

    大島渚監督の名作『愛のコリーダ』(1976年)無修正版の生々しい性描写を誌上再現した6月23日号の特集には、読者から大きな反響があった。
    ヘアも解禁されていなかった時代に"性表現の限界"に真正面から挑んだ大島監督はもちろん、
    日本初の「本番撮影」に臨んだ藤竜也と松岡暎子には感服するほかない。
    とりわけ自らの秘部への男根の"抜き差し"まで露わにした松岡の女優魂は、時代を超えても決して色あせることはないだろう。

    体当たりで濡れ場を演じていたのは、彼女だけではない。過去には人気絶頂の有名女優も、若手の清純派女優も、
    そしてすでに地位を確立していた大女優でさえも、作品をより高めるために一肌脱いでいた。映画評論家の秋本鉄次氏はこう語る。

    「現在の大物女優たちは、若い頃、濡れ場を厭わなかった。20~40年前までは、高名な監督の作品に出演するなら"脱ぐのは覚悟の上"というのが当たり前の時代だった。
    名監督に請われて脱がされるのは女優としてむしろ誇らしいことでした。

    信頼する監督のもとですべてをさらけ出し、男女の抜き差しならない関係や情念、命をかけたギリギリの衝動を表現するために、
    全身全霊をかけてセックスシーンを演じる。そうやって女優は成長していったのです」

    だが、近年、有名女優が銀幕に肌を晒す機会はほとんど見かけなくなってしまった。その背景には何があるのか。前出・秋本氏が続ける。

    「最近は女優や事務所が力を持ったため、監督や制作サイドが気を遣い、女優に濡れ場を演じさせることが少なくなった。
    その結果、若手女優の"学びの場"がなくなっている。

    日本映画全体の質が下がっているのは、女優たちが"体当たりの演技"をする場が減ってしまったことが、最大の要因かもしれません」

    名女優たちの"魂"と"覚悟"が詰まった伝説の名濡れ場を振り返ることで、日本映画の未来を考えるヒントとしたい。

    写真

    (出典 parts.news-postseven.com)


    週刊ポスト 2017.06.26 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20170626_566626.html

    2017/06/27(火) 01:22:22.16
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1498494142/


    【【映画】<邦画の質低下>女優の体当たり演技減少が重大な要因か?「現在の大物女優たちは、若い頃、濡れ場を厭わなかった...」】の続きを読む


    マジすか?
    業界1位ははま寿司になったんですね^_^

    1 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [GB] :2017/06/26(月) 10:06:50.07 ID:SIlJiw8z0.net BE:323057825-PLT(12000) BE:323057825-PLT(12000)


    2002年の第1号店オープンから間もなく「回転寿司4強」の仲間入りを果たし、気づけば47都道府県制覇、店舗数もスシローを抜いて全国1位の座に輝いた絶好調の「はま寿司」。
    この快進撃の裏には一体どんな秘密があるのでしょうか。
    無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、
    同社を展開するゼンショーホールディングスの業態に注目し、同業他社に比べ圧倒的に勝っている「はま寿司」のバックボーンについて分析を試みています。

    スシローを超えた「はま寿司」が、過去最高益で全国に店舗拡大中
    http://news.livedoor.com/article/detail/13251709/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【はま寿司が過去最高益 スシローを超えて一位に】の続きを読む

    このページのトップヘ