流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    2017年07月


    いいじゃん稲葉。厳しくいきそうだね。

    NO.5664725
    稲葉篤紀氏 侍ジャパン監督就任 24日にも正式発表
    ヤクルト、日本ハムで活躍した稲葉篤紀氏(44)の侍ジャパン監督就任が週明けの24日にも正式発表される見通しであることが19日、分かった。

    2020年の東京五輪での金メダル獲得を託される。

    13年から指揮を執った小久保前監督は、3月のWBCをもって退任。

    プロ、アマ合同の侍ジャパン強化委員会の委員長を務める日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長らが、08年北京五輪以来3大会ぶりに東京五輪で復活する野球で金メダルを獲得することを目指して人選を進め、複数の候補者から稲葉氏に一本化していた。

    稲葉氏は今年のWBCでは打撃コーチを務め、選手たちのよき相談役となっていた。

    東京五輪でも巨人・菅野、DeNA・筒香らが主力となることが予想され、選手たちと年齢も近く、代表でともに世界と戦った経験は大きなプラスとなりそうだ。

    【日時】2017年07月20日
    【ソース】スポーツニッポン


    【稲葉篤紀氏 侍ジャパン監督就任 24日にも正式発表】の続きを読む


    チョコとモナカとアイスが食べられて、しかも大きい!
    最高のアイスです!

    1 野良ハムスター ★ :2017/07/20(木) 14:14:32.06

    いよいよ夏が本気を出し始めた。関東地方では梅雨明けが宣言され、ところによっては連日の猛暑日を記録する日本列島。「もう……限界だ」なんて声も聞こえてきそうだが、そんなときこそ冷たいアイスクリームで乗り切ろうではないか。

    今回はそのアイスの頂点を決めるアンケート企画「一番好きなアイス決定戦」の結果発表だ。果たして、投票された5520票の行方はどうなったのか? みんなが一番好きなアイスには何が選ばれたのか? 以下でご覧いただきたい。

    ・結果発表

    アンケートサイト「みんなの声」の協力を得て開催された今回の企画。先述の通り総投票数は5520票であった。そもそもの種類が多くエントリーすら困難なアンケートだったため、迷った方も多かったに違いない。それでもみんなが選んだ1番好きなアイスは以下の通りである!

    ・第1位:チョコモナカジャンボ(1209票)

    堂々の第1位は森永製菓の「チョコモナカジャンボ」であった。モナカ・チョコ・板チョコが織りなすパリパリ3重奏は芸術品レベルの完成度で、多くの人から支持を得ているようだ。確かに店頭で迷っても、チョコモナカジャンボにしておけば間違いはない……! おめでとう、チョコモナカジャンボ!!

    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    ・第2位:スーパーカップ(1022票)

    一時は首位を快走していたものの、チョコモナカジャンボに差しきられる格好で2位で終わったスーパーカップ。それでも序盤から首位争いを繰り広げた実力は立派の一言だ。アンケート企画全般に言えることだが、やはり定番は強い。

    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    ・第3位:ガリガリくん(659票)

    3位に滑り込んだのは、庶民派アイスの大定番・ガリガリくんであった。サッパリとした味わいはまさにこれからの季節にピッタリで、価格の手頃さも魅力的。さらには今でもあたり棒を搭載した "ワクワクするアイス" の代名詞的存在といえるだろう。

    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    ・第4位:ヨーロピアンシュガーコーン(350票)

    単体での発売はなく、箱アイス限定であったもののヨーロピアンシュガーコーンが4位をゲットした。ワッフルを含む味の良さについては割愛するが、何といってもスーパーで購入すれば1本50円もしないコスパの良さが評価されたと推測される。常に冷凍庫に入っていてほしいアイスだ。

    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    ・第5位:サクレ(283票)

    さっぱりすっきり美味しいアイス、サクレが5位に入賞した。シャリシャリとした食感は夏らしさ全快のウマさで、食べ続けると頭がキーンとするのはご愛嬌である。スプーンを使ってゆっくり味わいたいアイスといえるハズだ。

    (出典 sociorocketnews.files.wordpress.com)


    (以下省略、順位のみ記す)

    ・第6位:ブラックモンブラン(279票)
    ・第7位:ビエネッタ(220票)
    ・第8位:カルピスアイスバー(132票)
    ・第9位:レモン牛乳ソフト(114票)
    ・第10位:ゴールドライン(110票)

    http://rocketnews24.com/2017/07/19/930777/


    【一番好きなアイス、堂々1位は森永「チョコモナカジャンボ」】の続きを読む


    パチンコ屋にいる人っていつも同じ服着てるよね。くさいし。本当になくなって欲しい。

    NO.5664677
    パチンコなどギャンブルで借金を始めたらそれはもう依存症
    ■借金してでもギャンブルをするか
    パチンコなどのギャンブルをして借金生活に陥っている人がいます。

    客観的に見れば借金をするようにもなったら、パチンコなどは止めて仕事で返済をしようとするべきなのでしょう。

    ですが、当の本人はギャンブルで作った借金はギャンブルで返そうとするのです。

    ところが返すどころか、さらに借金は膨れ上がるのです。

    これを繰り返しているうちに、もう仕事などでは何年経っても返せないほどの金額になってしまいます。

    借金を借金で返す自転車操業生活になると、もう手が付けられなくもなります。

    そんなだらしない人間はどうしようもないと思ったら、意外に普通のまともな人だったりもするのが怖いところです。

    ギャンブル依存症と言う病魔に脳が侵されてしまったのです。

    普通の人が軽くパチンコ店に入ってちょっとお小遣いを使い果たしでもしたら、依存症の始まりとなるのです。

    ■自信過剰が大きな原因
    「自分に限ってそんなにいつまでも負け続けるはずがない」等と言う変なプライドのある人が危ないのです。

    パチンコなどは普通に負けるからこそパチンコ店は盛大に営業をしているのがわかっていないのです。

    何度負けてもそろそろ勝てるはず、いったん勝ち始めればそのコツもわかるはずと言うのも全く根拠の無い幻想です。

    そして負ければ負けるほど負けていると言う感覚も鈍感になってしまいます。

    損失が膨らむにつれ、その大きさに気を取られるようにもなります。

    すると仕事や家族の事もそっちのけでギャンブルでいかに収益を上げるかで頭もいっぱいになってしまいます。

    他の話には集中出来ないためにまるで何も出来ない人間であるかのようにも見られるようになります。

    こうなってしまう前に己の能力の無さ、心の弱さを認識するべきなのでしょう。

    それにはこれまでの人生で判断してきた事で誤ったと思える事を思い出してみましょう。

    いかにデタラメでいかに未熟でしっかりしていないかを真摯に反省するところからギャンブル依存症の脱出も始まるのです。

    ■カジノよりパチンコが怖い
    カジノもパチンコも実質同じギャンブルと言っても圧倒的にパチンコの方が依存症になりやすい事も知っておくべきです。

    カジノで行うルーレットやポーカーなどはその場に多くの人が存在しています。

    どうしても人の目を浴びる訳ですから、そこで依存症ぶりを発揮してしまっては落ち着かなくなるのです。

    ディーラーもそういう人を見つけると注意を促したりする事もあると言われます。

    それに対しパチンコはひたすらマシンとにらめっこするだけで誰も指摘などする隙も無いのです。

    勝手に自滅してしまうのも仕方の無い世界に身を投じるようなものでしょう。

    カジノの解禁で慌てるかのようにパチンコ規制も強まるようです。

    しかしそんな小手先の規制でなく、その本質を知ればパチンコをする気にも無くなるのです。

    カジノと違ってどの街にもすぐそこにある怖ろしい闇への入り口に吸い込まれないようにしたいものです。

    【日時】2017年07月20日
    【提供】YAZIUP


    【パチンコなどギャンブルで借金を始めたらそれはもう依存症】の続きを読む


    小藪、政治家なったら面白いんじゃない?

    NO.5664638
    小籔千豊が蓮舫氏の会見を「すごい被害者ヅラ」と非難
    18日に配信された「AbemaPrime」(AbemaTV)で、小籔千豊が、自身の戸籍公開をめぐる記者会見に臨んだ民進党代表の蓮舫氏の様子を非難した。

    番組では、蓮舫氏の二重国籍問題を取り上げて、同日に開かれた記者会見の様子を伝えていた。

    そこで蓮舫氏は、二重国籍ではないことを証明する資料を公開したと発表すると同時に、今回の騒動がきっかけで、戸籍の公開が身分証明の前例にならぬよう、差別を助長させない社会を目指すと決意表明している。

    会見について、小籔は「信じていいと思う」と一定の評価はしつつも、二重国籍の疑いがかかったのに「最終的に仰ってることが、すごい被害者ヅラ」「差別はなくしたいみたいな英雄ヅラみたいなコメント」だと痛烈に非難したのだ。

    番組では法政大学法学部の山口二郎教授がVTR出演し、「戸籍という個人情報は公にするものではない」「(それを定着させてきた)歴史の針を逆戻しにする」ものだとし、蓮舫氏の会見を批判していた。

    小籔は山口氏の発言についても「差別と今回の戸籍に関しては、ちょっと違うような認識があります」としたが、「もっと法律のこと勉強せなあかんのかな。すいません」と自らに向学心を見出していた。

    【日時】2017年07月19日 14:31
    【ソース】livedoor


    【小籔千豊が蓮舫氏の会見を「すごい被害者ヅラ」と非難】の続きを読む


    毎年毎年どんどん暑くなってきてますね。地球温暖化は止められないね。

    NO.5663241
    夏本番!「猛暑のピーク2度やってくる」ウェザーニューズが予測
    関東甲信から中国地方で梅雨明けした19日、民間の気象会社ウェザーニューズが、今夏は7月下旬と8月下旬〜 9月上旬に2回の猛暑のピークがあると予測した。

    全国的に平年よりも気温が高い傾向が続く見込みだ。

    ウェザーニューズによると、今年は7月に入り、中国大陸で気温が高く、その暖気が入りやすい気圧配置が続いていたため、全国的に平年より気温が高い日が続いている。

    梅雨が明けた7月下旬から8月の初めにかけては、日本付近へ張り出す太平洋高気圧が例年よりも強まる見込みで、1回目の猛暑のピークを迎える見通し。

    例年ならば8月後半になると、太平洋高気圧の勢力が弱まって秋の気配を感じるようになるが、今年は9月に入ってからも張り出しは強い状態が続く。

    そのうえ、中国大陸の上空を覆うチベット高気圧が、同じ時期に日本にも張り出してくるため、上空で二つの大きな蒸気圧が重なって2回目の猛暑のピークとなる。

    くれぐれも熱中症対策には万全を期してほしい。

    【日時】2017年07月19日 16:08
    【提供】ハザードラボ


    【夏本番!「猛暑のピーク2度やってくる」ウェザーニューズが予測】の続きを読む

    このページのトップヘ