流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    2017年08月


    匂いでわかるじゃん。絶対嘘つく人いるよ。やめたとか言って。

    NO.5748215
    たばこ吸わない社員に有休増やす 喫煙者との区別は自己申告
    「タバコを吸わない人」に有給休暇を増やす――ある企業の社内制度が注目されている。

    インターネット上では「面白いアイデアだ」と肯定的な声がある一方、「勤務時間全て禁煙にすればいい」として、「有休付与」という手法に疑問を示す声もある。

    どのような考えでこの制度をつくったのか。

    ■喫煙者と非喫煙者の「業務時間の差」
    この制度の名前は「スモ休」。

    非喫煙者に年間6日の有給休暇が与えられる。

    導入するのはウェブマーケティングを手がけるピアラ(本社・東京都渋谷区)。

    同社サイトの2017年8月の発表によると、勤務時間内外を含む非喫煙者で、かつ6か月以上勤務している正社員に対し、従来の有休に加えて1年あたり6日増える。

    9月1日から実施するという。

    きっかけは社内に設けている「目安箱」。

    匿名で社長に訴えることができ、そこに「喫煙者は通常の休憩時間以外にも1日数回業務を離れることがあり、非喫煙者との間に生じる業務時間の差は問題ではないか」との意見が寄せられた。

    これにもとづき、不平等感解消に加え、健康増進のためにも、「スモ休」を制度化した。

    非喫煙者」「喫煙者」はどのように区別するのか。

    ピアラの担当者は28日、J-CASTニュースの取材に「自己申告です」と話す。

    「喫煙者が禁煙」した場合も同制度の対象になるが、「申告が虚偽だとわかった場合は社の方で適切に対処します」という。

    タバコを吸っていないだけで有休とは思い切った制度だが、目安箱の意見に「社長も理解を示していました」と振り返っていた。

    「当社が入るビル内には喫煙室がありますが、移動時間も含めて1回のタバコ休憩で20分前後つかいます。1日2回と仮定して40分。1週間で200分。あくまで概算ですが、1か月の累積で1日分の労働時間以上にのぼります」と話し、「しかし有休を毎月1日、年間12日にすると業務がまわらなくなるおそれがあるため、半分の6日ということになりました」と年間6日となった理由を明かした。

    ■制度の告知後、禁煙した社員がいる
    インターネット掲示板では同制度に賛否両論あり、「面白いアイディアだな。こういう企業があっても別に良いと思う」「タバコ休憩ぐらいで...」と割れている。

    また、「斜め上の対応だな 勤務時間全禁煙にすればいいだけなのに」など、制度内容への反対論も示されていた。

    こうした疑問を担当者に尋ねると、こう答えていた。

    "「喫煙者に吸わせないというマイナスを強要するより、非喫煙者に何らかのプラスを与えるほうが『吸わないメリット』を考えやすいだろうという考えからです。実際、この制度を告知してから禁煙を決めた従業員もいます。健康面、金銭面に加え、有休を得られるとあって『吸わないほうが得だろう』と思ったようです」

    ネット上でも「『勤務中のタバコ休憩がずるいから、勤務中は禁煙にするべき』みたいな意見があるけど、非喫煙者も同じ分だけ休憩をとれるように訴えたほうが健全じゃね?」との意見も散見される。

    同社は喫煙者が多く「上級社員の7割ほど」が吸っているという。

    反発も一定数あったようで、全面禁煙という方法をとらなかったのは上記の理由に加え、「さすがに酷だろう」という考えもあったようだ。

    それでも担当者は「タバコを吸わないことのメリットを考えるきっかけになればと思っています」と話していた。

    【日時】2017年08月28日 18:48
    【ソース】J-CASTニュース


    【たばこ吸わない社員に有休増やす 喫煙者との区別は自己申告】の続きを読む


    アイドルの宿命だね。人気者は1人では出歩かないように(^.^)

    NO.5748832
    ミキティ、モー娘時代の「恐怖体験」を告白
    8月21日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に、元「モーニング娘。」の藤本美貴(32)が出演。

    モー娘全盛期にも電車移動していたことを明かし、MCの坂上忍(50)らを驚かせる場面があった。

    この日の番組では、8月10日に放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)でタレントの西村知美(46)が語った、アイドル活動全盛期に姉をファンに拉致されてしまった事件を紹介。

    坂上から「今日はミキティもいますから。あったでしょ? ここまでいかなくても」と話を振られると、藤本は「ここまではないですけど、ちょこちょこはありましたね」と返答した。

    ある日、レンタルビデオ店に行ったという藤本。

    「ついてくる男の人がいるなって。でも"いや、違うかな?"って思って、違う階に行っても違う階に行っても、"来るな、来るな"と思って」と男性に尾行された過去を告白。

    「"帰ろう!"と思って、電車に一回乗ってみようと思ったんです。それで乗ったら隣の車両にいるんですよ。だいたいそういう人って、同じ車両に乗らないでずっと隣の車両にいるんですよね」と当時を振り返り、「怖くて、ずっと車両変えてもまた隣の車両、変えても来るみたいなので、最終的には私が(扉が)閉まる瞬間に出て、その人だけ(電車に)乗って行っちゃったんですけど」と事のてんまつを説明した。

    この告白に、スタジオは騒然。

    坂上は人気アイドルが電車移動していたということにも驚いたようで、「あのときに電車移動してたの?」とア然。

    藤本は「紅白(NHK紅白歌合戦)に出ても電車移動してました」とさらりとコメントした。

    「この日は同じくゲストの野々村真(53)が、ファンから贈られたバレンタインチョコに髪の毛がたっぷり混じっていた、なんて話をしていました。当時は、今よりもずっとセキュリティーが甘かった時代です。いずれにせよ、大きな事件にならずよかったですよね」(芸能誌ライター)

    ――当時のファンが知ったら腰を抜かしそう!

    【日時】2017年08月29日 19:00
    【提供】日刊大衆


    【ミキティ、モー娘時代の「恐怖体験」を告白】の続きを読む


    まあまあ、命が助かったと思えばね^_^

    1 記憶たどり。 ★ :2017/08/29(火) 18:16:46.02

    遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

     三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

     ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
     地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

    ■「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」

     遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。
     記事での冒頭では、トラブルの詳細について「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

     女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。
     ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

     その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。
     近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、救助のために駆け付けた警官と合流したという。

     ロープウェイ職員の対応については「なんて素晴らしい人なんでしょうか」「本当に、ありがとうございました」と感謝の言葉をブログに並べた女性。
     だが、警官の態度については、3000字以上の長文で不満を爆発させている。

     ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

     こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、

     「登山で道に迷って遭難して救助を要請するなんて、本当に申し訳ないと思っているし、多大なご迷惑をおかけしたと思っているし、来ていただいて本当に感謝してます。でも、でも、それでもやっぱり物申したい気持ちになるような、酷い対応だった」

    と振り返っている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    J-CASTニュース 2017/8/29 15:07
    https://www.j-cast.com/2017/08/29307023.html?p=all

    ★1が立った日時 2017/08/29(火) 15:16:46.42
    前スレ http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1503995675/


    【「何様なの?」「酷い対応」山で遭難の30代女性、救助の警官にブチ切れ…ブログの投稿にネットで物議】の続きを読む


    バーベキューって面倒だから嫌い。

    NO.5747658
    「女の子を誘うためだけ」武井壮のBBQ論に批判続出
    8月21日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、タレントの武井壮(44)がバーベキューに対する男性心理について言及。

    その内容に批判が続出しているようだ。

    この日の番組では、ニュースサイトが行ったバーベキューに関する意識調査を紹介。

    調査によると「バーベキューは好き?」という質問に対して、53.5%の男女が「好き」と回答。

    ただ、女性からは「ふだんは料理をしない男性が仕切りたがるから迷惑」「肉を焼くだけでも焦がすのでうんざり」といった意見が寄せられていることが明かされた。

    この調査に、漫画家の倉田真由美氏(46)は、「バーベキュー男子、好きですよ」とコメント。

    カルーセル麻紀(74)も「大好きだよ。いいよね、ヘタでもいいじゃない」と好意的な意見を述べた。

    しかし、続いて話を振られた武井は「僕は(バーベキューは)あんまりやらないですね」と発言。

    行ったとしても、料理にはあまり手をつけないと語った。

    さらに武井は「バーベキューなんて、気に入った女の子を誘うためだけのものでしょ」と持論を展開。

    「男で、純粋に"みんなで食べたり飲んだりするのが楽しいからやろうよ"なんて言っているやつは1%ぐらいですよ」と力説した。

    しかし、この武井の発言は、多くの視聴者の反感を買ってしまったようだ。

    ネットには「いやいや、単純にバーベキュー好きな男性も多いでしょ」「男同士でバーベキュー楽しむ人も多いですけど」「男の代表みたいに言ってるけど、すごい偏見」「これはモテない男子の思考だと思う」といった批判が相次いだ。

    「過去にはマツコ・デラックス(44)も、"バーベキューやる人って頭悪い人たちだと思うのよ"と過激な発言をして批判されています。武井が考えるよりも、純粋にバーベキューを楽しむ人たちが意外に多かった、ということかもしれませんね」(芸能誌ライター)

    ――百獣の王にバーベキューは必要なし?

    【日時】2017年08月29日 10:00
    【提供】日刊大衆


    【「女の子を誘うためだけ」武井壮のBBQ論に批判続出】の続きを読む


    特定する必要あるの?プライバシーの侵害。

    NO.5745435
    自称年収5億・ヒカルの実家が特定され炎上
    VALU売り逃げ騒動で炎上おさまらぬYoutuberヒカル。

    実家が特定され嫌がらせされるなど事態は深刻な模様。

    資本金は1円取締役の前田圭太はヒカルの本名だという。

    大量に商品を送りつけられるなど嫌がらせが続いているようだ。

    そんな中ヒカルの正体が明らかになっている。

    ・「禁断ボーイズに車を買ってあげる」という企画で、動画の冒頭にヒカルがクライスラーに乗って登場するが、クライスラーは車屋からの借り物。

    ・タワマンに住んでいると豪語するが普通のアパート。

    ・宿泊は5000円のビジホ。

    成金キャラで人気Youtuberになるも化けの皮が剥がれてしまったヒカル。

    またVALU騒動で実害を負ったと感じる人も多数おり、まだまだ炎上は続きそうだ。

    【日時】2017年08月28日 09:45
    【提供】激裏情報


    【自称年収5億・ヒカルの実家が特定され炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ