不倫をやめてわかったこと「呆然となった男性」


不倫は誰も幸せになりません。

既婚者と肉体関係を持つ不倫。

不倫した男性たちの本音「つい惹かれてしまった、こんな女性」

相手がいるときは大変だったり幸せだったり、いろいろあったけれど、やめたからこそわかることもあります。

不倫経験のある男女に、不倫をやめてどんなことを実感したのか聞いてみました。

呆然となった男性

「会社の取引先に好みの女性がいて、飲みに誘ううちに親しくなりホテルに行きました。

俺は結婚していて妻がいるけど、どうしても彼女に会うのを止められなかったです。

不倫している最中は、妻にも機嫌よく接することができて毎日が楽しくて、そんな自分を普通に受け入れていました。

でも、彼女に『好きな人ができたから別れたい』と言われ、ショックでしばらくは休日も寝てばかりでした。

そんな俺を妻が心配してくれて、『何かあったの?』と聞いてくれるけど、まさか言えないですよね、不倫相手に振られてショックだなんて。

そのとき、『俺が不倫していたことを知れば妻は傷つくんだ』って当たり前のことに気がついて、呆然となりました。

何も知らずに気にかけてくれる妻への罪悪感がすごくて、別れた彼女よりこれから先も一緒に過ごす妻のことを考えなければ、と思いました。

不倫なんて二度とするまいと思っています」(36歳/製造)

こちらは既婚男性の声ですが、不倫が終わって知ったのは、「自分がしたことの大きさ」です。

不倫相手に去られても、落ち込む自分を心配してくれるのが妻だからこそ苦しみを打ち明けられない現実は、妻の愛情を裏切った事実をより深く突きつけます。

不倫が終わった後でパートナーへの罪悪感で苦しむ既婚者は多いですが、人の道に外れた関係はかえって自分の首をしめるのだと、改めて思います。



(出典 news.nicovideo.jp)

ふにゃり

ふにゃり

誘ってる段階で罪悪感がわいてないって、それもう人間失格

ななしん

ななしん

>>不倫なんて二度とするまいと思っています  この反省があるから、まぁ良いんじゃない?とは思う。 というか「不倫をやめてわかったこと #1」って何だ…? 何? 連載するの? こんなしょうもないフィクションを?

ゲスト

ゲスト

最低のクソ野郎でした(まる)

Relloy

Relloy

知り合いにも1人いるけど、不倫する男、もしくは不倫願望があり、あわよくばワンチャン狙ってそうな男、またはそれを肯定するような男なんて、男から見てもどうしようもないクズやからな実際。また中途半端に社会的地位や収入あるからたちが悪い。強制的でもないかぎり、互いに同意して関係持った時点で男女どっちも悪い

ゲスト

ゲスト

脳が下半身なんだろうな。(使えなくて茫然

(^◇^)

(^◇^)

ははは、いい女がいりゃまたやるだろ?これから先も一緒に過ごすって決まりきったことみたいに言ってるけど離婚すりゃ関係ねーだろ。

edo

edo

知能低いんだろうな

ゲスト

ゲスト

浮気はよくて不倫はマズいという謎の思考。

avian

avian

普通は最初からやらないからなぁ

かに(ずわい)

かに(ずわい)

苦しむのはしょうがないわ。でもDVくそ野郎よりはいいと思うわ。女遊びが上手にやれて、嫁にばれず苦しめず、自分だけで苦しむのなら全然いいわ

葵 夏姫

葵 夏姫

また、多目的な事を喋ってる (´・ω・`)多目的不倫はやめーや。

cresc.

cresc.

>edo 事を起こす段階で自分の責任関係や関係者の心情について想像が及んでいないから、純粋に性欲だけで付き合っていたのなら軽度のアスペか何かではないかね。健常者であれば罪悪感そのものが背徳感になってそれ前提で暴力性の発露として不倫するでしょう。

ASAHI

ASAHI

相手の家族の関係を壊すことなくただ消えるように関係を終わらせて去るとは。  男の方は猿かもしれんがこの女性はなかなかの快男児ならぬ良い女だったのだろう。

ゲスト

ゲスト

まあ夫の4割は不倫してるらしいから、こういうパターンは珍しくもなんともないんだろうね。