流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: スポーツ・芸能


    練習試合だからね。

    1 あちゃこ ★ :2017/10/11(水) 06:51:19.42

    ◆国際親善試合 日本3―3ハイチ(10日・日産スタジアム)

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が試合後の公式会見に臨み、チームへの不満を語った。会見での主な発言は以下の通り。

     「最もよくない試合のひとつ。得点を取ったあとすべて止まった。今日はこれまでプレーしない人にかなりのチャンス与えた。それぞれ候補に入りたくて見せてくれたと思うが、長年監督続けたがこんな内容のよくない試合見たことない」。

     「今夜のこのような試合のあとにW杯の試合の話すると愚かな人間だと思われていまう。サポーターに謝罪したい。このような試合すると説明がつかない。これは私の責任です。いろんな面でレベルの低いものを見せた」

     「就任からこんなに悪い試合を見たことない。怒りと理解しがたいことで説明がつかない。心理面で何人か弱い。もろい。やるべきことはたくさんある」

     「次の対戦相手はもっと障がいが大きい。我々の幻想が砕かれる。11月の試合の話です。世界でも有数な2か国とやる。まったく違う対戦相手ですね。本当にこのような試合を繰り返すとひどい状況になる」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000236-sph-socc

    ※前スレ
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1507649999/


    【【サッカー】ハリル監督、会見で怒り心頭「こんなに内容がない試合は初」「心理面で何人か弱い」】の続きを読む


    どんどんでてくるね(^ ^)

    NO.5839349
    「グラビアの申し子」仲村美海 初カレンダーで逸材ボディを大胆露出
    「グラビアの申し子」「逸材すぎる新人」と話題になっている新人グラドルの仲村美海(なかむら・みう/25)が、初のカレンダーをリリースした。

    大胆なビキニ姿などでEカップの美バストや色白でむっちりとした太ももを披露しており、これをきっかけにグラビア人気がさらに高まりそうな気配となっている。

    仲村は今春に「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアデビュー。

    当初は芸能人になるつもりはなくヘアメイクの仕事を探していたが、昨年夏に芸能事務所にスカウトされたという経緯があり、グラビアデビューも異例。

    「週プレ」編集部に水着姿の宣材写真を持って挨拶に行ったところ、グラビア担当者が「逸材すぎる」と宣材写真をそのまま誌面に掲載する前代未聞の"緊急デビュー"となった。

    数々のグラビアスターを発掘してきた同誌が「"グラビアの申し子"と呼びたいポテンシャル」「新たなグラビアクイーンの予感がビンビン」と激賞し、ネット上の読者の間でも「めちゃくちゃ美人」「久々にグッとくる新人」「スリムなのにグラマラスで最高」などと話題騒然となった。

    10月2日発売の「週プレ」にも新作グラビアが掲載されており、その人気の高まりに乗ってデビューの年にいきなりのカレンダーリリースに至ったというわけだ。

    初のカレンダーでは、大胆なビキニをまとってベッドに横たわりながら豊満バストの美しい谷間をのぞかせている表紙カットをはじめ、爽やかな白のドレスで髪をかき上げている美麗ショット、王道のビキニ姿など幅広い表情を収録。

    おろしたロングヘアと美巨乳が印象的な彼女だが、髪をアップにしてタートルネックにショートパンツという姿で美脚をあらわにしているカットもあり、今までとは違った一面も楽しめる内容になっている。

    「初カレンダーはB2版8ページで構成されているのですが、そのどれもが新人とは思えないほど魅力的なカットばかり。キレイなお姉さん風の癒し系タイプでありながら目を見張るほどのスレンダー爆乳というギャップが存分に生かされており、さすがは宣材写真だけで『週プレ』編集部を驚愕させた逸材といえそうです。グラドルとしては珍しく『笑顔がほとんどない』というタイプなのですが、清楚系から小悪魔系まで表情のつくり方が上手く、それも独特の色気を感じさせる要素になっていますね」(アイドルライター) 

    また、仲村は10月15日に放送される高橋克典(52)主演の日曜ワイド『庶務行員 多加賀主水が許さない』(テレビ朝日系/あさ10時〜)でドラマデビューすることが決定。

    今後は女優としても活動していくようだ。

    デビューから間もないのにグラビア、カレンダー、ドラマと多方面で注目を浴びている仲村。

    「逸材すぎる新人」の快進撃はどこまで続くのか、そのポテンシャルは底なしといえそうだ。

    【日時】2017年10月09日
    【提供】メンズサイゾー


    【「グラビアの申し子」仲村美海 初カレンダーで逸材ボディを大胆露出】の続きを読む


    リーゼントだからwww

    NO.5840083
    みやぞんは裏番長!? 芸能界「ケンカ最強伝説」の真実
    芸能界で"最もケンカが強い男"との呼び声が高い男といえば、古くは愚連隊の用心棒を務めていたといわれるタレントのジェリー藤尾(77)や、今年3月に亡くなった俳優の渡瀬恒彦、"凡ちゃん"ことタレントの大木凡人(72)。

    中年世代だと暴走族だった俳優の宇梶剛士(55)が有名で、数々の武勇伝が語り継がれている。

    しかし、そんな旧世代に負けないぐらい、新世代の芸能人にも腕っぷしが強い者は多いようだ。

    若い頃は「人をぶん殴ってばかりいた」と、自ら語っていたのは俳優の原田龍二(46)で、「ケンカは丸腰でしかやらない」「暴走族相手にも素手で応戦」「手に相手の歯が刺さっていた」など、数々の武勇伝が噂されている。

    実際に9月10日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演したとき、「ケンカが強いってわけじゃないですけど、ケンカが好きな時期があって」と若い頃を振り返り、「弱い者イジメしている不良とかもいるじゃないですか。見ていられないんですよね。今でも出くわしたら絶対戦う」と、自身の喧嘩論を説明した。

    また、原田は剣道と空手の心得があるのだが、ケンカの極意は「根性ですね、ケンカってね」と、武道よりも根性だと明かしていた。

    裏番長と呼ばれていた過去があるのは、ANZEN漫才のみやぞん(32)だ。

    5月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したとき、小学校5年から中学校3年までキックボクシングを習っていて、足立区のゲームセンターのパンチングマシーンのランキングにずっと1位で名前がのっていたと告白。

    中学時代は「ケンカをしたことがないのに裏番長と呼ばれていた」と明かしていた。

    また、他校の不良がケンカを売りにきたとき、みやぞんは給食当番のかっぽう着姿のまま校門に行き、「どうしたの?」「僕のこと知ってるの? 言って言って、俺なんかしたなら謝るから。いつ会った? 僕、親戚?」と話しかけたところ、不良たちは「コイツやばい」と、逃げていったというエピソードも披露した。

    ■塚本高史は一匹狼!
    10年来のつきあいであるバンド仲間に「ケンカが破壊的に強く格闘家並み」と明かされたのは、俳優の塚本高史(34)だ。

    これは、4月7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、塚本が出演したときのエピソードで、「6歳年上のバンドメンバーを過去に2回、泣くまでボコボコにしたことがある」と暴露されていた。

    塚本は少林寺拳法の心得があり、ダウンタウンの松本人志(54)に「格闘技を習っていない男相手なら、何人ぐらい?」と問われると、「まとめてですか? 3人ぐらいだったら怖くないですね」と余裕の表情で回答。

    これには松本も「俺、共演NGにしよ。超怖ぇよ」とビビっていた。

    また、ツルむのが嫌いな一匹狼タイプで、「一派みたいのあったりするじゃないですか。へぇ〜と思います」と、同世代の役者同士の集まりには興味がないことを明かしていた。

    「過去の武勇伝を語る芸能人は多いんですが、それはあくまでも若い頃の話。暴力問題が発覚してしまうと、今は世間から大きな制裁を受けてしまいますから、拳は封印されているのでしょう」(芸能関係者)――暴力はダメ!

    【日時】2017年10月09日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【みやぞんは裏番長!? 芸能界「ケンカ最強伝説」の真実】の続きを読む


    まだ若いからチャンスはあるよ。

    1 あちゃこ ★ :2017/10/10(火) 00:56:31.36

     日本ハムの中田翔内野手は9日、今季最終戦が行われたコボパーク宮城で、
    取得条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権について
    「まだ分からないが、いろんな話を聞けたらいい」と述べ、行使する可能性を示唆した。

     中田は今季129試合に出場し、打率2割1分6厘、16本塁打、67打点の成績。2014、
    16年には打点王に輝いた。 

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000000-jij-spo


    【【野球】日本ハム中田翔、FA権行使を示唆「いろんな話聞けたら」】の続きを読む


    和田アキ子のイメージが強い。

    NO.5836865
    8人が失踪、2時間でクビ!マネジャー交代の多い芸能人
    10月5日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)が、「菜々緒のマネジャーは8年間で14人も変わっている」と報じた。

    同誌には「菜々緒は仕事へのモチベーションが高く、現場マネジャーがついていけない場合もあり、会社の事情によって替えることもある」といった事務所のコメントも掲載されている。

    活動を共にしていくマネジャーは芸能人たちと一蓮托生のように思えるが、菜々緒のようにマネジャーが頻繁に変わるケースは少なくないようだ。

    「2016年に、当時の所属事務所から"度重なるパワハラがあった"として契約を解除された細川茂樹もマネジャーの交代が多い芸能人。細川は、マネジャーに対して土下座を強要した上で頭を踏みつけたり、運転中のマネジャーの座席を蹴りつけたりするなど、暴言・暴行を繰り返してきた疑惑があり、3年間で5人のマネジャーが交代したと報じられています。また、再ブレーク中のヒロミには、かねてよりスタッフイジメ疑惑があり、これまでに数多くのマネジャーが"気まぐれ"によって辞めさせられたとの報道も。テレビ復帰してからというもの、局のスタッフには紳士的な態度のヒロミですが、マネジャーには相変わらず横暴な態度をとっていて、現場マネジャーがコロコロ変わっているそうです」(芸能ライター) 

    さらに"芸能界のご意見番"こと、和田アキ子もマネジャー交代が多い芸能人のひとり。

    「細川のパワハラ疑惑騒動を『アッコにおまかせ!』(TBS系)で紹介した際、和田のマネジャー遍歴も紹介されました。和田の歴代マネジャーは58人にも上るそうで、そのうち8人が失踪しているそうです。中には2時間でクビになった人もいるとのことで、和田は『あいさつに来たマネジャーがポケットに手を入れていたのでクビにした』とのエピソードを明かしました。しかし、現在のマネジャーは10年以上同じ人で、その前の2人は20年以上続いていたそうで、『みんな偉くなってる』とも発言しています」(同) 

    また、芸能人ではないが豊田真由子は、秘書交代が多い議員として名を轟かせた。

    「秘書を務めていた男性への"ハゲ発言"で全国区になった豊田議員ですが、辞めた秘書の数は、これまでに100人を超えるといわれています。この記録は、12年の当選からわずか4年半で打ち立てられたもので、豊田事務所は"秘書たちが就職したくない事務所ナンバー1"との呼び声も高いほどブラック。事務所内では、公設秘書だけでなくアルバイトまで怒鳴られることも度々あったようです。一連の暴言・パワハラで自民党を離党してしまった豊田議員ですが、先月発売された月刊誌『文藝春秋』(文藝春秋)では、議員辞職をしない意向を示しました。また、記事内では"秘書が100人辞めた"といううわさを否定。『辞めたのは15人程度』だと数を訂正しました」(同) 

    マネジャーが替わる理由は人それぞれ。

    しかし、マネジャーに横柄な態度を取って反感を買い、豊田議員のように"告発"されてしまう人もいるようだ。

    【日時】2017年10月08日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【8人が失踪、2時間でクビ!マネジャー交代の多い芸能人】の続きを読む

    このページのトップヘ