流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: スポーツ・芸能


    周りがパッとしないから。

    1 豆次郎 ★ :2017/10/08(日) 16:14:27.93

    10/8(日) 15:24配信
    指揮官は香川がフィットしない理由を2つ挙げる。

    [キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
     
    「率直にお聞きします。香川真司選手はなぜ日本代表にくるとパッとしないのでしょうか?」
     
     ある記者からヴァイッド・ハリルホジッチ監督にそんな質問が飛んだのが、ニュージーランド戦後の記者会見だった。
     
     トップ下でスタメン出場したナンバー10は、序盤からキレの良さを見せたものの、9分と23分のビッグチャンスで決めきれないなど、目に見える結果を残せず60分で交代を告げられた。試合後には本人も「なかなか相手がそんなに来なかったので、正直ボールを持てたところもあった。だから、どこで仕掛けるかは掴みづらい部分もあった」と反省を口にした。
     
     指揮官は香川が輝けなかった理由にまず挙げたのが、怪我にともなうコンディションや試合勘の不足だった。
     
    「香川は長い間、怪我をしていた。だからもちろん、まだトップフォームではない。本人にも、本来のレベルを取り戻して欲しいと要求している。プレーしながらどんどん良くなっていくだろう。より良いプレーは確実に増え、確実に良くなっていく」
     
     続けてハリルホジッチ監督が例に挙げたのが、ドルトムントと日本代表の環境の違いだ。もちろん練習時間、チームメイト、そして戦術とすべてが異なる。
     
    「もちろん他の選手との共存という面もある。例えば、代表に合流する直前のドルトムントでのゲームでは、素晴らしいパフォーマンスだった(9月30日のアウクスブルク戦では見事なループシュートで1ゴール)」
     
     怪我明けでトップフォームにないこと、そしてクラブと代表での違いを香川がパッとしない理由に挙げた指揮官。いずれにせよ、まだ本来のレベルには程遠いと断言した。
     
    「我々が知っている香川のレベルではない。ボールを持っていない時のプレーをより速くして、どんどんチームメイトに絡んでいくことを要求している。トレーニングを続けて、できるだけ高いレベルを取り戻す必要がある」
     
     香川の実績と経験値、クオリティ-は本田圭佑とともに日本代表の中でトップクラス。しかし、ロシア・ワールドカップ行きが懸かったオーストラリア戦でその本田とともに出番なしに終わるなど、ハリルホジッチ監督の構想ではもはや「絶対に外せない主力」ではない。
     
    「危機感は常に持っているし、今日出た課題は整理していきたい。大事なのはワールドカップ。そこに向け、プランを立ててしっかりとやっていきたい」と語ったナンバー10は、ロシア・ワールドカップまでに再び上昇気流に乗れるのか。まずは10日のハイチ戦に注目したい。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171008-00030866-sdigestw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】「香川真司はなぜ日本代表だとパッとしないのか?」の質問にハリルの見解は…】の続きを読む


    超極秘なのにばれてるww

    NO.5834632
    渡部と佐々木の超極秘結婚式をテレビ各局取材させろと大爆発
    4月9日に結婚を発表したアンジャッシュ・渡部建と佐々木希の結婚式をめぐって、各芸能マスコミが"大捜査網"を張り巡らせているという。

    当初から双方の所属事務所は、開催自体も含めて「未定」としていたものだが、10月1日配信の「週刊女性PRIME」が"10月挙式説"を報じた途端、テレビ各局の取材合戦がスタートしたようだ。

     渡部は、『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)に緊急生出演して、結婚を発表。

    佐々木も電話出演し、それぞれ結婚を生報告するサプライズ回となった。

    「おめでたい話ではあるのですが、日テレ以外のテレビ局からは、『なぜ日テレ独占で発表なのか?』と怒りの声が出ていました。特に、同時期に渡部のメインMC就任が決定していた『王様のブランチ』を放送するTBSは、特に反感を抱いていたようですね。一説には、いずれ『行列』のメインMCを狙っている渡部だけに、番組サイドに貸しを作りたかったとされているものの、その真相は不明です」(テレビ局関係者)

    こうして各局が水面下で募らせていた不満が、今回の挙式情報で爆発してしまったようだ。

    「挙式は、身内以外は完全シャットアウトで、双方所属事務所にどれだけ取材をかけても、一切回答してくれない状況。ただ、各局とも『10月8日の日曜日に、多数の大物芸能人が挙式した都内式場で行われる予定』という情報まではつかんでいるので、当日はその式場に、マスコミが大挙して押しかけ、大混乱となる事態が予想されます」(情報番組デスク)

    この情報は現在、テレビ局だけでなく、スポーツ紙や週刊誌の記者にまで伝わってしまっている。

    「挙式だけでなく、式場のすぐ近くにある披露宴会場にも、マスコミ各社が殺到するでしょう。初めての"公の場"で、夫妻がなんらかの対応を行ってくれることに期待します」(スポーツ紙記者)

    今年を代表するビッグカップルといわれる渡部と佐々木夫妻だけに、各マスコミを唸らせる"神対応"に期待したい。

    【日時】2017年10月07日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【渡部と佐々木の超極秘結婚式をテレビ各局取材させろと大爆発】の続きを読む


    人気は一位(^ ^)

    NO.5835692
    真凜 トップとの差を痛感 自己ベストも5位
    ジャパン・オープン( 2017年10月7日 さいたまスーパーアリーナ )

    2016年の世界ジュニア選手権女王で、今季シニアデビューした16歳の本田真凜は、自己ベストを上回る得点でも女子で6選手中5位。

    トップとの差を痛感し「ジュニアの時はこの演技で満足していたかもしれないが、シニアになったら通用しないなと思った。久しぶりに悔しい気持ち」と唇をかんだ。

    世界女王のメドベージェワらを前に「気持ちの部分で引けている自分がいた」という。

    動きが硬く、演技後半の3回転フリップは着氷が乱れた。

    「一緒に滑って、足りないところがたくさんあると思えた」と平昌五輪を目指すシーズンの本格開幕を見据えた。

    【日時】2017年10月07日 18:20
    【ソース】スポーツニッポン


    【真凜 トップとの差を痛感 自己ベストも5位】の続きを読む


    疑惑というかそれが当たり前の世界なんじゃないかな?

    NO.5830379
    川島海荷にTBS局員と不倫、枕営業疑惑
    「ZIP!」の総合司会をつとめる川島海荷(23)が、TBSテレビ制作局ドラマ制作部所属の高橋正尚プロデューサー(42)との深夜手つなぎデートを撮られ話題になっている。

    川島海荷は高橋氏と都内の肉料理専門店で夕食を済ませた後、手をつないでバーへ向かったことについて「酔っ払ってふらふらだった(ので手をつないだ)」と釈明。

    「ドラマでご一緒させてもらってから、たまに相談に乗ってもらっている」などと男女の関係を否定し、「どうやったら迷惑が掛からないようになりますか?」と反省しきりの様子だったという。

    初スキャンダルが既婚者オッサンプロデューサー、そして川島海荷は過去に高橋氏が手掛けた3作品に出演しており枕営業疑惑説が。

    それというのも、川島所属のレプロエンタテインメントは、能年玲奈との奴隷契約が表沙汰になったいわくつきの芸能事務所。

    不倫なのか枕営業なのか真偽は不明だが、清純派で売ってただけにイメージの悪化は避けられないようだ。

    【日時】2017年10月05日 13:30
    【提供】激裏情報


    【川島海荷にTBS局員と不倫、枕営業疑惑】の続きを読む


    筋肉のある女性って素敵(^ ^)

    NO.5832818
    スポーツ番組で肉体自慢の美女が熾烈な争い!視聴者興奮
    5日深夜放送の新番組『超人女子』(テレビ朝日系)に、ネット上の視聴者から思わぬ反応が寄せられた。

    この番組は、各界を代表する筋肉美女がさまざまな競技に挑戦し、ナンバーワンを競うというもの。

    公式サイトには、「この国で、最も屈強にして、美しく、しなやかな肉体を持つ女性は誰なのか!?」と大々的に謳われており、参加者には「日本一」の称号を競うにふさわしいメンバーがそろった。

    今回エントリーしたのは、元新体操日本代表選手で、このところスポーツ系バラエティで活躍する畠山愛理やブラジリアン柔術家でモデルの東あずさ、Instagram で「奇跡の筋トレ女子」と話題の田上舞子、モデル界屈指の筋肉ボディの持ち主といわれる宮河マヤら。

    いずれも、日ごろから鍛錬を重ねる筋肉自慢の女子だ。

    しかも美形ばかりで、番組はオシャレなイベントのような雰囲気で始まった。

    しかし競技がスタートすると、参加者たちの目つきが変わる。

    この日行われたのは「ハイパーリーチ」と名付けられた種目だが、序盤に挑戦した筋肉女子らがギブアップする様子を見て、その過酷さを敏感に感じ取ったようだ。

    「ハイパーリーチ」とは、まず台の上に膝立ちになり、かかとやふくらはぎを固定した後、そのまま前屈みになり、上半身を宙に浮かせた状態で前方にあるスティックを動かす競技。

    スティックを所定の場所に置いた後は、カラダを起こして元の状態に戻らなければならず、腹筋や背筋、太もも裏の筋肉が重要となる。

    競技が始まると、最終的にカラダを起こせない人が続出。

    動かしたスティックの本数が競われたため、できるだけ数を稼ごうとした結果、力尽きてしまうようだ。

    そんな中、体幹の強さを発揮したのが新体操の畠山。

    すでに現役は引退しているが、その筋肉量は衰えていないようで、スティックを素早く移動させた後、軽やかに上半身を元の姿勢に戻す。

    また、「今もっとも女子が憧れるボディ」の持ち主といわれ、爽やかな笑顔が目を引く田上も、見事なバランス感覚でスティックを次々に移動させ、力強くカラダを起こした。

    この畠山と田上は、上位4名が進出する決勝ラウンドへ。

    彼女たちのほかに、凛々しい顔立ちが印象的なブラジリアン柔術家の東と、アイドルチックな雰囲気を漂わせ、パッと見は筋肉女子に思えない陸上・七種競技選手の津吹アイリが残り、ふたたび「ハイパーリーチ」に挑んだ。

    結果、津吹が唯一パーフェクトとなるスティック9本を達成し、この競技のナンバーワンに輝いた。

    スーパー美ボディを誇る女子たちが、己の限界に挑みながら熾烈な争いを繰り広げた同番組。

    その視聴者ターゲットは美ボディ作りに励む女性がメインと思われるが、放送中からネット上には男性視聴者から「肉体美」を絶賛する声が殺到。

    筋肉美女たちはスパッツやスポーツブラといったカラダのラインがよくわかる格好だったため、一部の男性には刺激的に映ったようだ。

    特に畠山を称賛する声は多く、競技中にお尻のカタチがよくわかる四つん這い状態になったり、屈んだ瞬間にチラッと胸元を見せてしまったことがファンの目に留まったようだ。

    番組主旨とは異なるものの、男性視聴者からもアツい視線を注がれた『超人女子』は、これからいろんな意味でネットを騒がせることになるのかもしれない。

    【日時】2017年10月06日 17:35
    【提供】メンズサイゾー


    【スポーツ番組で肉体自慢の美女が熾烈な争い!視聴者興奮】の続きを読む

    このページのトップヘ