流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: ニュース・社会


    42歳・アルバイトで年収234万円、一度も正社員経験のない男性の未来は…


    ここから逆転はない。

    日刊SPA!

     40代ともなれば給料も上がり、若い頃よりも楽できると思っていたのに。そう嘆く声は多い。昨今、低所得にあえぐ40代が急増中だ。その理由は出世できない、転職回数が多いなどさまざま。中年でも稼げない時代が来ている――

    ◆大学時代の就活失敗がきっかけで、以来20年間一度も正社員になれず
    …伊藤隆行さん(42歳・独身)/食品工場/年収234万円

    「同じ低所得でも正社員の人は、私より恵まれているのに不平不満を口にする方が多いと思います」

     そう憤るのは、食品工場でアルバイトとして働く伊藤隆行さん(仮名・42歳・独身)。実は、大卒ながら20年間、正社員として働いた経験がまったくないという。

    「大学時代の就活は、’90年代末の就職氷河期と被ったことで失敗。仕方なく派遣社員として働き始めましたが、20代後半のとき、このままではマズいと思い正社員で働ける仕事を探したんです。それである飲食チェーンに採用されたのですが、配属先の店舗ではミスを連発してしまい、試用期間の3か月でまさかの採用見送り。その後もリフォーム会社に採用されたこともあったのですが、ここでは高ノルマに連日の深夜残業、上司のパワハラに耐えかねて試用期間2か月目で自分から退社。以降は仮採用すらされることもなかったので転職活動を諦め、再び派遣社員として働いていました」

     ところが、40歳になると、「紹介できる仕事がない」と派遣社員としての仕事も失ってしまう。ここでも正社員目指して転職活動を行うが年齢と正社員経験のなさがネックとなり、書類選考すら突破できなかったという。

    「結局、今も同じ非正規雇用ですが、身分はアルバイトとさらに落ちてしまいました。年収は残業や休日出勤を積極的にこなしていますが派遣社員時代以下の240万円稼ぐのがやっと。けど、会社の経営状態が悪いらしく、今の食品工場の仕事すら失う可能性もあります。老後のことを考えると不安しかなく、それ以前に老後まで生活を維持できるかどうか……」

    ※写真はイメージです
    ― 低所得時代の実態 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【42歳・アルバイトで年収234万円、一度も正社員経験のない男性の未来は…】の続きを読む


    「第三次世界大戦で生き残る国」トップ10が衝撃的すぎる!! 意外な共通点が判明、国民全員分の核シェルター完備の国も!?


    日本は小さいから一発でなくなりそう。

    画像は「Wikipedia」より引用
    TOCANA

    米大統領であるトランプ氏があらゆる国と摩擦を引き起こし、中東をめぐる緊張も高まるばかり。また北朝鮮や中国、ロシアにもきな臭い動きが見られる昨今、第三次世界大戦はいつ起きてもおかしくない。もし第三次世界大戦が起こったら、果たしてどの国が生き残れるのだろうか?

    【その他の画像と動画はコチラから→http://tocana.jp/2017/06/post_13561.html】


    10. スイス

     イタリア、フランス、ドイツと国境を接し、山岳地帯に囲まれた内陸国のスイスだが、その地勢は景観だけでなく国を守る役目も果たす。危機的状況下では軍がスイス国外からのアクセスを完全に遮断するために、国中の橋とトンネルを取り壊せるような用意がされている。また全国民に十分な数の核シェルターも保持しているという。

     またスイスは永世中立国ではあるが男子には全員、徴兵制度があり、予備軍人も入れると国民の10%が軍人であるという。また外国が、スイス国内に軍事施設を設置することも認めていない。


    9. ツバル

     ツバルは太平洋に浮かぶ小さな島国であり、世界でバチカンの次に人口の少ないミニ国家で、国を形成している9つの島を全て合わせてもわずか26平方キロメートルしかない。

     またツバルは政治的にどこの国とも同盟を結んでおらず、天然資源も少ない。それらの理由からツバルは、第三次世界大戦が始まっても他国からの利用価値が低く、放置される可能性が高いと思われる。しかしツバルの強みは、自給自足が成り立っていることだ。島民はほとんどの食物や日常に必要な品を、輸入に頼らず自分たちで賄っている。


    8. ニュージーランド

     ニュージーランドは島国でどの国とも離れているが、先進国として開発されてきた。安定した民主主義を誇り、武力紛争にも深く関与していない。また、恵まれた自然環境を持ち、山岳地帯は危機的状況でシェルターの役目を果たすだろう。

     また肥沃な土壌と水資源、食料供給を持っていることもニュージーランドの強みである。ニュージーランドの平和的外交政策は、2015年の世界平和度指数で第4位となった。


    7. ブータン

    ブータンはヒマラヤ山脈に囲まれ、最も人里離れた内陸国である。第三次世界大戦に関わる可能性の深い中国、インドと国境を接しているが、ブータンのユニークな地勢は危機的状況の折には最良のシェルターとなる。

    長年、鎖国政策をとっていたが1971年に国連に加盟した。しかしその後もスイス同様、外国にまつわる紛争からは距離を保っている。米国とも外交関係を持たず、インドとバングラデシュのみが首都に大使館を持つ。


    6. チリ

     チリは南米で最も安定し、繁栄している国である。また人材育成の面でも他の南米の国よりも高い数値を示している。地勢的にも東の国境地帯には難攻不落のアンデス山脈が控えている。また環境的にも南半球は北半球に比べ人口、産業、都市が少ないために大気汚染が少ない。

     それに加え、南半球と北半球の上空の大気はそれぞれ塊を形成して交わりにくい。そのためチリ上空には絶えず南極からのきれいな空気が補充されており、核戦争の時には北半球の国よりもはるかに有利な条件になると考えられている。


    5. アイスランド

     2015年の世界平和指数で第1位のアイスランドは、どこの国とも国境を接していない。またどの国からも離れており、中立国でとても平和的だ。

     核戦争が起きた場合、アイスランドは紛争に巻き込まれずに生き残ることが予想される。最悪のケースでも、アイスランドの険しい山岳地帯がシェルターの役目を果たすことであろう。


    4. デンマーク

     ヨーロッパで紛争が起きた場合にNATOの加盟国、かつEU主要国へ近接しているデンマークは大きな被害を受けると予想されている。しかしそこには1つ重要な事実が忘れられている。それはグリーンランドの存在だ。

     グリーンランドはデンマークの自治領で、世界最大の巨大な島である。グリーンランドはアイスランド同様、どこの国からも遠く離れ山岳地帯に囲まれている。また外交面でもグリーンランドはEUから離脱していて、どこの国とも政治的なしがらみを持たない。第三次世界大戦が起きた場合、グリーンランドを有していることはデンマークにとって大きな利点となると思われる。


    3. マルタ共和国

     マルタ共和国は地中海に浮かぶ3つの島から成るミニ国家である。最も大きい島はマルタ島だが、それでも東京都23区の半分の大きさしかない。

     しかし同時にこの小さな島は要塞を形成していて過去、第二次世界大戦中にもドイツ・ナチス勢力がマルタ島を何度か占領しようとしたが失敗した。マルタ島を占領するのは容易ではく、同時にこのような小さな島に核を落とす事自体、意味が無いと思われる可能性が高い。


    2. アイルランド

     アイルランドは先進国として繁栄を誇る国であるが、第三次世界大戦に関連する可能性のある国々とは強い関係を持っていない。アイルランドの外交政策は独立と軍事的中立性を重んじており、その結果アイルランドはNATOにも加盟していない。

     アイルランドの法律では国が外国で軍事的衝突に関わる場合、アイルランドの議会と政府、そして国連からの承認が必要だと明記されている。


    1. フィジー共和国

     フィジー共和国は広大な太平洋に浮かぶ島国で、どこからも遠く離れている。そしてそれは、フィジーを侵略者から守るのに大きな利点となるであろう。フィジーはツバル同様、人口が少なく資源も限られており、外交政策も中立的である。例え第三次世界大戦が勃発しても、フィジーは何千年もの間そうであったように、人間が住める場所として機能する可能性が高い。

     第三次世界大戦で生き残る(と予想される)国々には共通点があるようだ。まず島国、もしくは国に険しい山岳地帯があること、そして外交的面で他国と対立する可能性が低いことだ。しかしそれらの「安全な」国でさえも、第三次世界大戦が起きて核が落とされた場合、放射能汚染は大気や海流を通じていずれ達するであろう。人類がそれほど愚かでないことを祈りたい。
    (文=三橋ココ)


    ※画像は「Wikipedia」より引用



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「第三次世界大戦で生き残る国」トップ10が衝撃的すぎる!! 意外な共通点が判明、国民全員分の核シェルター完備の国も!?】の続きを読む


    「男は29歳までに子どもをつくるべき」に賛否 年齢で「○○すべき」と言うと社会が住みづらくなる? 


    早い方が体力的には楽だと思うけど。

    キャリコネ

    生涯未婚率が増え、30代後半や40代で第一子を持つ人も珍しくなくなった現在、20代で子どもを持つのが「夢」みたいなことになりつつあるのかもしれません。

    6月18日に投稿された「男は29歳までに子どもをつくるべき、3つの理由」という記事に賛否両論が集まり、2日後には700以上はてなブックマークがつきました。投稿者は、元博報堂社員で現在「コンテクストデザイナー」として活動している高木新平さん。

    高木さんは24歳で「20代のうちに子どもを持つべき」と気づき、26歳で長女を授かりました。周囲(都心部)のコミュニティの中では早いほうで、病院のパパママ講座では、自分以外は30代後半だったことに驚いたといいます。(文:篠原みつき)

    「仕事のピークは33~38にくる」「40歳前後で新しい自由を獲得」

    子育ての大変さを「人生から土日がなくなってしまうこと」と表現し、自分の自由な時間がとれなくなったことの辛さをまず挙げています。それでも、「僕は、仕事が忙しい男性こそ、20代のうちに子どもを持つべきだと思っている」という持論を披露しました。

    1つ目の理由は「仕事の第一次ピークは、33~38歳にやってくる」です。要約すると、人生の勝負時になるような大きな仕事のピークは、周囲を見ていると大体33~38歳くらいなので、子育てが大変かつ重要な3歳までの時期がそこに重ならないようにしたほうがいい、としています。

    2つ目は、「20代の遊びなんて大体同じ。40になればもっと面白い遊びができる」。男が子どもをつくろうとしない大体の理由は「自由を謳歌したい」だが、具体的には友達と際限なく飲んだりしているだけ。それなら、先に子育てしてしまい、まだまだ現役の40歳前後で新しい自由を獲得している方がよくないか。

    3つ目は、「父親ではなく、我が子の年齢でコミュニティが形成される」。父親本人の年齢に関係なく、子どもの年齢で付き合うため、10歳くらい年上のパパ友ができる。仕事を含めてなんでも相談できて非常に有益、という自らの経験にそった説明です。

    「自分もほぼ同じ年齢で育児したので同意」という声も

    筆者は34歳で子どもを授かったため、内容的にほぼ同感でした。20代は20代で仕事が大変かも知れませんが、やはり若くて体力、気力的にも余裕があるときに子どもを作っておくメリットはたくさんあります。

    しかし、寄せられた多くのコメントは賛否両論で分かれています。「悪気ないかもしれないけど、傷ついてる人いっぱいいるよ」を始め、不快感を表すコメントも数多く見られました。

    「個人的な体験とか信条を『××歳で○○するべき』と敷衍(ふえん)する人たちが社会を住みづらくすると思ってる」

    一方で、「自分もほぼ同じ年齢で育児したので同意。メリットたくさん」という賛同も。

    「自分が30代で子供ができ、体力的にもかなり苦労した経験から思うに、圧倒的に正しい」

    また、批判を諭すような冷静なコメントも目立ちます。筆者が同感だったのは、「この内容で傷つく人に配慮しろとか言われたら、何も率直なこと書けなくね」という、こんな意見です。

    「『20代までにみるべき映画』『10代で読みたい小説』とかと同じで、自分が当てはまらないなら受け流せばいいだけでは」

    この記事は、基本的に20代の時点で家庭を持つことができるだけの安定した収入があり、「子どもは欲しいけどまだ遊びたい・仕事に集中したい」という男性に向けて書かれたものと思われます。あくまで一部の層を対象にした提案です。

    しかし、不快表明の多さは、それがしたくても出来ない人の多さでもあるような気がして辛いです。サラリーマンの平均年収も1990年代後半から大きく減りました。非正規雇用で働く人の割合も一向に減る気配がありません。結婚を作って子どもを持つ、ということのハードルがそれだけ上がっている、ということなのでしょう。

    ただ、個人的には、男性も自分のライフステージに「子育て」を組み込んでものを考え出したという点が画期的といいますか、時代が変わったような気がして感慨深い記事でもありました。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「男は29歳までに子どもをつくるべき」に賛否 年齢で「○○すべき」と言うと社会が住みづらくなる?】の続きを読む


    夏休み混むだろうね〜。

    NO.5609511
    上野動物園の赤ちゃんパンダ、メスと判明
    上野動物園の赤ちゃんパンダはメスと判明しました。

    上野動物園は、今月12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの性別はメスと判明したと発表しました。

    現在の体長は17.6センチ体重は283.9グラムで健康状態は良好だということです。

    赤ちゃんは先週から耳や目のまわりだけでなく肩にも黒い毛が生えてくるなど成長が確認されています。

    【日時】2017年06月23日
    【ソース】TBS News


    【上野動物園の赤ちゃんパンダ、メスと判明】の続きを読む


    水虫を"23年間"放置した結果、お尻に"カビ"が転移! 想像できぬほどトンでもない事態に


    水虫って放っておいても治らないからね。歯痛と一緒。薬が無いと治らないよ。

    足白癬の顕微鏡画像 画像は「Wikipedia」より引用
    TOCANA

     数カ月前から臀部(尻)がかゆくて仕方ないという謎の症状に襲われ始めた筆者。しかし多忙のために放置していたところ、そのかゆみがどんどんエスカレート。やがて我慢できなくなり皮膚科医へと直行したところ、想定外の宣告を下されてしまった。なんと、かゆみの原因は足の爪水虫が他の部位へと次第に感染を広げた結果だったのだ。しかも、これを放置すると性器をはじめ身体中が菌に感染し、さらに恐ろしい事態が待ち受けているという。水虫とはいえ若い女性も決して他人事ではなく、マニキュアやハイヒール、さらに性行為も感染の元になるのだ。今回は、筆者の実体験に基づき、水虫菌の恐ろしさについて紹介したい。

    【写真はコチラ→http://tocana.jp/2017/06/post_13571.html】

    ■お尻のデキモノを削ってみたら……!

     前述のように筆者の場合、約23年前から足の爪にできた水虫を自覚していた。当時の筆者はインドネシア・ジャワ島に派遣されてソフトウエア開発などの仕事を1年半ほど続けていたが、高温多湿の気候もあって水虫に侵されたのだろう。しかし、それほど激しいかゆみでもないため、爪の中が茶色く変色したり盛り上がって変形するなどしても長年気にしてこなかった経緯がある。

     ところが、異変は半年ほど前に起きた。なんと足のかゆみが、膝の裏→太もも→お尻へと次第に上ってきて、それも我慢できないほど強烈なものに変化したのだ。しかも、かくと同時に痛みも生じる。日々つらい状況に悩まされながらも、多忙のために医師の診断を受ける暇がなく、それを放置してしまった。

     だが、ついに我慢の限界が訪れた。ある日、猛烈なかゆみに襲われた筆者は、ついに初めて皮膚科に駆け込んだ。すると医師は、筆者のお尻のデキモノを削り、顕微鏡で調べ、「白癬(はくせん)菌」という水虫の原因菌である真菌(カビ)の一種がいることを突き止めた。ちなみに、この菌が足爪に感染したものを「爪水虫」あるいは「爪白癬」と呼ぶ。


    ■若い女性は水虫の危険でいっぱい!

     最新調査によると、日本人の5人に1人が足に水虫を患い、10人に1人が爪水虫にかかっているという。患者のうち、60歳以上が40%を占めるが、3人に1人は女性といわれる。若い女性の場合、ブーツやパンプスなど、足が非常に蒸れやすい靴を履く機会が多いことも発症の一因となる。これらの靴は、実は白癬菌の恰好の棲家なのだ。また、女性特有のストッキングも保湿性を保つことが災いして、白癬菌が大好きな環境となり得る。さらに、マニキュアやペディキュアもジメジメした状態が続きやすいため、爪水虫発症の要因となる可能性があるという。

     このように、「水虫なんて、足を不潔にしているオジサンがなるものでしょ?」と思っている女性がいたら、それは認識不足。むしろ、女性の方が気をつけなければならない点が多いことがわかるだろう。

     ここまでは爪水虫について紹介してきた。しかし実は、もっと恐ろしいのはこれから紹介する事態なのだ。筆者のように水虫の元となる白癬菌が、他の身体部位に感染するとどうなるかを知れば、ほとんどの読者はすぐに水虫を治療したいと思うようになるはずだ。


    ■いんきんたむし、水虫……元凶はすべて白癬菌

     まず、爪水虫の白癬菌が陰部に感染すると「股部白癬」(こぶはくせん)、所謂「いんきんたむし」となる。そして腹部や背中などに感染した場合には、「ぜにたむし」。頭部に感染すれば、「シラクモ」や「頭部白癬」と呼ばれるようになる。これ以外の身体部位に感染したケースは「体部白癬(たむし)」だ。つまり、いんきん・たむし・足水虫・爪水虫・頭部白癬(しらくも)などは、すべて同じ白癬菌が原因で引き起こされる症状なのだ。

     例えば、足の爪水虫を放置すると次第に悪化し、そこが白癬菌の「貯蔵庫」の役割を果たしてしまう。結果、他の身体部位に感染するのだが、この貯蔵庫を根治しない限りそれは繰り返される。筆者の場合、もともとの水虫がかゆくて、足を掻いた後、手の爪に白癬菌が付着した状態でお尻を掻くなどしたのだろうと医師にいわれた。恥ずかしい話だが、爪水虫の真菌(カビ)が他の身体部位にうつる可能性など考えたことがなく、まったくの無防備だった。


    ■性行為でいんきんたむしに感染も!

     また、一部で「爪水虫は一生治らない」といわれることもあるが、自然治癒しないことは確かで、放置すると一生治らないという事態もあり得る。悪化すると外用薬だけでは完治せず、抗真菌薬という内用薬を服用することになる。また、たとえ治療が順調に進んでも、爪が生え変わるまで(足の爪では)半年以上を要すると医師は語った。

     しかも、白癬菌は家族など周囲の人にも容易に感染するため、患者は十分に注意しなければならない。具体的には、使ったタオルは他の家族に使わせない、スリッパを共有しないといったことを守る必要がある。

     それと同時に、白癬菌を保有していない人も、日常生活において感染する危険性があることを考慮するべきだ。白癬菌はプールや公衆浴場はもちろん、土壌、そしてネコに寄生していることもあるため、常に手や足を清潔に保つよう心がけなければならない。そして、男性が発症するという印象が強い股部白癬(いんきんたむし)には、性行為によって女性もかかることがある。


    ■恥ずかしがるのは命取り

     いずれにしても、爪水虫の予防と根治、再発防止のために、もっとも大切なことの一つは免疫力を高めることだという。筆者の場合、爪水虫を放置していたことも良くなかったが、もっと免疫力が高ければ、ここまで酷くなっていなかったかもしれない。もっとも、爪水虫の感染を疑っても、陰部や臀部などに発症した場合は恥ずかしくてなかなか診察を受ける勇気が出ないことだろう。筆者の場合も、たまたま初めて受診した皮膚科クリニックの医師が若くきれいな女性で、余計恥ずかしかった。

     しかし、今回お伝えしたように頑固な爪水虫の完治のためには恥ずかしいなどといっている余裕はなく、一刻も早く治療が必要だということを忘れないでいただきたい。十分な知識をもち、完治あるいは予防に心がけることが、あなた自身と大切な人を救うことにつながるのだ。

    (百瀬直也)


    ※画像は、足白癬の顕微鏡画像 「Wikipedia」より引用



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【水虫を“23年間”放置した結果、お尻に“カビ”が転移! 想像できぬほどトンでもない事態に】の続きを読む

    このページのトップヘ