流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: ニュース・社会


    精神年齢が下がっているから?

    1 名無しさん@涙目です。(空) [US] :2017/10/15(日) 08:23:38.91


    DNA遺伝子を残したところで
    なんなの?
    って事?

    画像 地球

    (出典 i.imgur.com)


    http://


    【23歳以上の男女に質問 結婚出産子育てに価値を見出せない男女が増えてるのはなんで? 】の続きを読む


    当選したらまたやるのだろうか?

    1 記憶たどり。 ★ :2017/10/14(土) 09:40:59.52

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000282-sph-soci

    「口は災いの元」で批判にさらされた「魔の2回生」の2人が、対照的な選挙戦を
    繰り広げている。元秘書に対する暴言、暴行が報じられ、自民党を離党して
    埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は有権者一人一人にひたすら
    謝罪を繰り返し、改めて支持を訴えるドブ板選挙。その徹底ぶりに、対抗陣営からは
    "恐怖"の声も上がる。一方、度重なる放言が話題となった東京16区の自民前職・
    大西英男氏(71)は「下町のトランプ」よろしくマイペースの演説を続けている。

    街頭演説の予定場所に選挙カーが止まった瞬間、ドアが開き「みそぎの白」の
    上下スーツを着た豊田氏が飛び出して来た。

    「真由子ちゃ~ん」「頑張って!」の声も飛ぶ中、ビラを手に駆け寄ると一人一人と
    固い握手を交わし、まずは「お騒がせしました」と謝罪。続けて「よろしくお願いします」
    と深々と頭を下げる。周囲にスタッフは誰もいない。人混みに歩み寄り、はいずるように
    して支援を訴える姿を「みすぼらしい選挙」と自嘲した。

    元秘書の男性に対し「このハゲーッ!」などと暴言を吐いたことが報じられて自民を離党。
    同時に、支持者も離れた。演説を聴いていた60代の男性は「あんな言葉にだまされちゃいけねえ…」
    と自らに言い聞かせるかのようにつぶやいた。「『このハゲーッ』の人、出てるんだ」
    としらけた表情で歩き去るカップルも目に付くなど、豊田氏を否定する有権者も多い。

    だが、元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙を見たライバル陣営は、
    笑って見てはいられないようだ。豊田氏の陣営は組織なし、動員なしだが、街頭演説の
    集客力は候補者中トップクラス。

    豊田氏が初当選した際にも戦った維新の新人・青柳仁士氏(38)は、豊田氏の"人気"を
    目の当たりにした。「公示日前日に(選挙区内の)和光市市民体育祭があって、各候補者が
    集まった中、一番人気が豊田さんだった」と振り返った。

    「個人の候補者の名前を挙げるつもりはありませんが…」と話した希望の党の新人・
    吉田芳朝氏(43)も「良識がある人がそろっているのが埼玉4区。私は信じています」。
    暗に豊田氏と彼女を支援する人たちを批判したのは、意識している証拠だろう。

    演説では「私の唯一の財産は皆さんとの信頼の絆。切れてしまった人とは絆を結び直し、
    つながっている人はもっと太く、強くさせていただきます」と話しつつ、衆院2期の実績を
    アピールした豊田氏。その言葉が有権者に届いているのか、それとも単なる「怖いモノ見たさ」
    なのかは、投票結果が明らかにしてくれる。

    埼玉4区は、朝賀英義(67)=共新=、青柳仁士(38)=維新=、吉田芳朝(43)=希新=、
    穂坂泰(43)=自新=の4氏も立候補している。


    街頭演説中には涙をこらえるしぐさも見せた豊田真由子氏

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【ハゲーっ!】元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙。圧倒的集客力を見せる豊田真由子氏に対抗陣営が危機感 】の続きを読む


    一体何が起こっているのだ?

    NO.5843435
    韓国でここ5年間に自殺した軍人、289人…年平均58人に達す
    韓国において、ここ5年間に事件・事故で死亡した軍人が444人に達し、そのうち65%が自殺であることが分かった。

    11日、自由韓国党のキョン・デス議員が国防部から提出を受けた資料によると、2013年から現在までに死亡した将兵は444人だ。

    陸軍が321人と最も多く、海軍69人、空軍54人となった。

    年度別では2013年117人、2014年101人、2015年93人、2016年82人、2017年51人だった。

    そして死亡者の65%にあたる289人が自ら命を絶ったことが確認された。

    1年平均58人の軍人が極端な選択をしていることになる。

    特に、銃器を使用し自殺する事例も19人にのぼる。

    このように、軍隊内の死亡者の60%以上が自殺であることは兵営文化全般に対する不信と疑問を呼び起こすとキョン議員は指摘した。

    キョン議員は「閉鎖的な軍文化に対する透明性を高めるなど、自殺防止に向けた軍当局の確固たる意思と実践が必要だ」と追求した。

    【日時】2017年10月11日 13:28
    【提供】WoW!Korea


    【韓国でここ5年間に自殺した軍人、289人…年平均58人に達す】の続きを読む


    正当防衛で轢いても、、、。

    1 ばーど ★ :2017/10/12(木) 17:40:27.92

    自動車を運転するうえで覚えておくべきことをお知らせします。

    ■最長で20年以下の懲役

    「あおり運転」に代表される危険運転行為は、道交法違反です。もし相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用され、最長で20年以下の懲役に処される可能性があります。
    また、安全な車間距離を取らずに前車へ接近する行為は、道交法26条が禁止する「車間距離不保持」に該当します。
    高速道路での車間距離不保持は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科され、一般道での車間距離不保持は5万円以下の罰金が科されます。違法行為に遭遇した場合は落ち着いてすみやかに距離を取り、安全な場所に停車するなどして警察へ通報しましょう。

    もし相手が車外に出てきて自車に向けて挑発してきたり、脅迫行為や車両への暴行を加えてきた場合は、決して車外に出て交渉しようとせず、ドアがロックされていることを確認してその場で警察へ通報することを強くお勧めします。自動車のガラスは(外からだと特に)なかなか割れません。素手ではまず困難なので(殴打等で割ろうとすると相手がケガをする可能性のほうが高い)落ち着いて連絡しましょう。
    警察への通報は「110」へ。
    また、このような違法行為への証拠保全の意味でも「ドライブレコーダー」は大変有効な装備です。これを機会に購入を検討されることをお薦めいたします。

    (補足と余談)
    自動車ガラスが外からだとどれだけ割れづらいかというと、比較的割れやすいサイドウィンドウ(フロントはもっと硬い)でさえ、割るにはプロの格闘家の最強の近接攻撃(肘打ち)でも大きめなケガをするレベルです。慌てずに落ち着いて通報しましょう。

    参考:「燃える車、ひじ打ちで窓を割り…K1格闘家が2人救出」(2017年7月13日付け朝日新聞)
    http://www.asahi.com/articles/ASK7D652JK7DPUTB009.html

    配信 10/12(木) 10:58
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171012-00010001-bestcar-ind

    ★1が立った時間 2017/10/12(木) 16:22:17.57
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1507792937/


    【【注意】「あおり運転」に遭遇した場合はすみやかにその場を離れて通報を!ドアはロック、交渉せず警察に110番】の続きを読む


    いい判断だったと思うよ。

    1 ばーど ★ :2017/10/12(木) 20:33:34.68

    クマが出た栃尾小。市内ではクマの被害が相次いでいた=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾

    (出典 www.sankei.com)


    パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射*たのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

    ■校庭に迷い込んだクマ

     校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

     しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

     通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

     「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

     ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射*ます」。署の判断だった。

     発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。

    ■学校での射殺、県外から批判が

     クマは射*れたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

     集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射*れた事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

     翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

     児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射*たことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射*るなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。

     これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

     市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば*たくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。

    >>2以降に続く

    配信2017.10.12 15:30
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html


    【【岐阜】「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声】の続きを読む

    このページのトップヘ