流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: ニュース・社会


    もしイップスだったらやばいね。
    引退の危機もありうる。

    1 動物園φ ★ :2017/08/17(木) 16:24:43.84

    復帰戦は7四死球で緊急降板 阪神・藤浪は投手生命の危機
    8/17(木) 12:00配信

    日刊ゲンダイDIGITAL

    4回、菊池に死球を与えた藤浪(C)共同通信社

     やはり"持病"は治っていなかった。

     制球難で二軍調整中だった阪神の藤浪晋太郎(23)が2カ月半ぶりに登板。1点ビハインドの二回1死、相手投手の大瀬良を打席に迎えるとカウント1―1からの3球目がすっぽ抜けて左肩を直撃。あわや顔面死球かという投球に広島ベンチは肝を冷やした。

     四回2死にも、すっぽ抜けたカットボールが菊池の左肩に直撃。両軍が本塁付近に集まり騒然となった。

     さらに五回2死二、三塁の場面でも、カウント3―2から石原に投じたカットボールが頭部付近を通過。5つ目となるこの四球を出したところでベンチに下げられた。ちなみに、7四死球は全て右打者に与えたものだった。

     藤浪の死球で思い出すのは4月4日。この日と同じ京セラドーム大阪でのヤクルト戦で、畠山に頭部死球。起き上がった畠山が怒りをあらわにすると、両軍がベンチから飛び出し大乱闘となった。

     この試合9四死球と大乱調だった藤浪は、5月26日のDeNA戦で六回途中6安打4四球3失点で3敗目を喫し、この時点で36四死球はリーグワースト。呆れた金本監督はプロ5年目にして初の二軍落ちを命じたのだが、7月2日のウエスタン中日戦の五回にも、石垣へ投じた144キロの直球が頭部を直撃。コントロールを修正するはずだった二軍で、プロ初の危険球退場となった。

    ■精神的なショックが原因か

     藤浪は1年目に10勝(6敗)を挙げ、15年まで3年連続2ケタ勝利を記録。14、15年の11死球はリーグワーストだったが、これほど「ぶつける投手」という印象はなかった。それが4月の畠山への顔面付近の死球から、右打者の内角を攻められず、今では変化球もすっぽ抜けて死球を与えるほど症状がひどくなった。本人は否定しているものの、精神的なショックなどが原因で自分の思い通りの動きができなくなる運動障害(イップス)の可能性が高い。

     金本監督が「彼の人生を左右する」とまで言ったこの日のマウンドでも2人にぶつけ、あわや危険球という投球の直後に降板。藤浪は「チームにも、死球を当ててしまった相手の選手にも申し訳ない投球でした」とコメントしたが、早くメンタルの専門家に相談しないと、「10年に1人の逸材」とまでいわれた右腕の投手生命は終わるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000017-nkgendai-base


    【【野球】藤浪イップスか 投手生命の危機】の続きを読む


    厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も 


    えっ?あのHISも!?

     厚生労働省は8月15日、労働基準関係法違反の疑いで送検された国内企業のリストを更新した。5月に初公開し、電通・パナソニック・日本郵便など大企業も名を連ねる「ブラック企業リスト」として話題を呼んでいた。

    【拡大画像や他の画像】

     8月に追加された企業は、アスベストの有無を事前調査せずに建物の解体作業を指示した建設事業者(秋田県)、労働者1人に約16万円の賃金を支払わなかった食品事業者(長野県)など。

     公開当初の掲載企業は332社だったが、8月の更新で計401社に増えている。

    ●過去には電通支社、HIS、死亡事故発生の水道局も追加

     5月末の更新では、電通の関西支社(大阪府大阪市)、京都支社(京都府京都市)、中部支社(愛知県名古屋市)がリスト入り。3社は従業員に「36協定」の延長時間を超える違法な長時間労働を課したとして、労働基準法違反で書類送検されていた。

     7月の更新では、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)がリスト入り。同社も東京都内の2事業所で従業員に「36協定」の延長時間を超える違法な長時間労働を行わせたとして、労働基準法違反で書類送検されていた。

     また、7月には宇部市上下水道局(山口県宇部市)が、公営企業として初めてリスト入りした。手すりの設置など転落防止措置を講じないまま、従業員に汚水処理槽の水質検査作業を行わせたとして、労働安全衛生法違反で書類送検されていた。

     同局では2016年9月に、採水作業中の男性職員が水深4メートルの曝気槽(ばっきそう、汚水を処理する池)に転落し、死亡する事故が発生していた。

     企業名がリストに掲載されるのは、各都道府県の労働局による公表から1年間。厚労省は今後も、同リストを定期的に更新していく方針だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も】の続きを読む


    「自立した女性を受け入れないと海外との距離が広まってしまう」秋元才加のツイートに共感相次ぐ 日本の男女格差は先進国最悪レベル


    日本だもの。声は届かない。

    キャリコネ

    男女平等が叫ばれて久しいが、実際には女性が不利になるシーンはまだまだ多い。元AKB48のメンバーで、現在は女優として活動している秋元才加さん(29)が8月8日に投稿したツイートがネットで共感を呼んでいる。

    「強く逞しく自立している女性というものを、この国できちんと理解して受け入れない限り、海外との距離がどんどん広がっていく気がする。男性も女性も手を取り合って逞しく生きるって、私は素敵だと思うんだけどな」

    「経済格差を埋めるにはどうするか、家事や子育ての負担をどうするか、一つ一つ考えないと」

    このツイートには約5700件のいいねがついたほか、約2300件のリツートがされ、たちまち話題になった。

    日本企業では「長く働ける男性」を基本に採用活動をしており、女性は結婚後には家庭に入るものと考える風潮があった。そのため、一般的に女性は男性よりも重要な仕事を与えられておらず、女性の社会進出を妨げていた。

    そうした背景もあり、ツイッターでも、秋元さんに賛同する声が相次いだ。

    「男だから、女の子だから、って括りがまずダメだと思う。人として見て欲しいな」
    「自立の形に目標やゴールが必要なのかなと。経済格差を埋めるにはどうするか、家事や子育ての負担をどうするか、一つ一つ考えないとやね」
    「もっと大事なのは一人一人の意識かもしれないですね。女性も男性と平等に扱われる事を求めるならば変わらなければならない意識がまだあると思います」

    日本の男女格差はG7中で最低レベル 女性管理職の割合も低水準

    日本社会での女性の地位は、世界で比較しても低い。2016年に世界経済フォーラムが発表した各国の男女格差(ジェンダーギャップ)報告書では、調査対象国144か国中、日本は111位、G7先進諸国の中ではもちろん最低レベルと散々だ。

    日本が特に遅れをとっているのは、「経済活動への参加と機会」で118位。国税庁の「民間給与実態調査」で性別の平均給与額(2015年)によると、男性は約520万円に対し、女性は約276万円と大きく差が開いている。

    女性の働きやすい環境の整備は急務だ。2017年版の「男女共同参画白書」を見ると、就業者全体で女性が占める割合は43.5%で欧米諸国と大きく変わらない。しかし、管理的職業従事者における女性の割合は、13.0%と依然として低水準だ。

    出産後も働き続けられる環境が整う欧米とは違い、日本では多くの女性が結婚や出産を機に一度離職するため、キャリア構築が難しい。今後労働人口が減っていくことを踏まえても、こうした状況を改善することが急務だろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「自立した女性を受け入れないと海外との距離が広まってしまう」秋元才加のツイートに共感相次ぐ 日本の男女格差は先進国最悪レベル】の続きを読む


    本当に人気ありますよね〜。可愛いですもんね。変な顔してるところが人気の理由なのかも(^^)

    NO.5719232
    上西小百合議員「私はどこに行っても大人気」
    上西小百合衆院議員(34)が、11日にインターネットテレビ局「AbemaTV」で配信された番組『エゴサーチTV』(毎週金曜22:00〜23:00)にゲスト出演し、世間のイメージとギャップがあることや、一連の騒動の真相について語った。

    自身のことをインターネット上で検索する行為"エゴサーチ"。

    同番組は、エゴサーチが得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)がMCを務め、毎週迎えるゲストに関してエゴサーチしながら、検索結果の真偽を探っていく。

    冒頭から西野を驚かせたのは、スタジオ内の特設ライト。

    西野が「照明がいつもと違うんですよ。まずこんなライト無かったですよ! 上西さん、これなんですか」と2つのライトを指差すと、上西議員は「テレビで収録をしていくうちに気が付いた事があったんです。番組によって、私がかわいく映ったりブサイクに映ったり色々あるなと。女優さんの近くに座っているとキレイに映ってという事はライトだと気付きまして、今回『ライトはあるんですか?』って聞いたら『用意できますよ』っておっしゃったのでお願いしました」と経緯を説明した。

    また、「最近、地元に密着したいというメディアからの依頼がたくさんあった」と報告し、「取材の目的は地元でも『上西コノヤロー!』とか歩いていると言われると思っている訳ですよ。メディアはそういう映像を撮りたいみたいなんですけど、私はどこに行っても大人気なんです。東京でも大阪でも外を歩いていたら記念撮影してくださいとか、握手してくださいとか……パーティです」と人気ぶりに胸を張る。

    先月、ツイッターに投稿した「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」が引き金となって炎上。

    これについて上西議員は、「スポーツを応援しているすべてに人に向けて言ったわけではない」と弁明し、「「『ばか』とか言ってくる、浦和レッズを応援しているということを盾にして脅迫行為に及ぼうとする人たちに、ふざけるなよって言った」と真意を説明した。

    その他のエゴサーチでは、「上西議員が仮病で国会を休んで不倫旅行していた」という内容の記事がヒット。

    これについては、「行ってないです! 仮病じゃないですよ! 仮病だったら診断書もらえないじゃないですか! ちゃんと正式な手続きを踏んで、お休みさせていただいた」「秘書が彼女と旅行に言ったのを、私とすり替えられた」と書かれていた内容を否定し、「私は全然関係ないんですよ! うちの秘書が自分の彼女と旅行に行ったのをすり替えられたんですよ! 記者会見を開いて3時間も説明したのに無視。不倫旅行なんてしてないです! あたしは不倫するヤツは許しませんから!」と訴えていた。

    【日時】2017年08月15日
    【ソース】マイナビニュース


    【上西小百合議員「私はどこに行っても大人気」】の続きを読む


    良かれと思ってやったことが伝わらなかったりする。
    難しいですね。

    1 Egg ★ :2017/08/16(水) 21:34:31.92

    牛のマークでお馴染みのロングセラー商品「牛乳石鹸」の広告が、インターネット上で「不快だ」との批判を浴びている。

    物議を醸している広告は、2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービーだ。いったい、何が問題視されたのだろうか。

    家族思いの父親は「正しいのか」

    6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

    動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

    ここで、男性の心情を表したかのように、

    「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

    とのナレーションが読み上げられる。

    その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

    飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

    風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。

    「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」

    この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で、「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明している。

    だが、インターネット上では、公開から2か月程が経った8月15日頃から、動画の内容についての批判が相次ぐことになった。ツイッターやネット掲示板には、

    「ただただ不快な気分になる」
    「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!?」
    「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」

    といった声が相次いでいる。そのほか、「本当に意味不明だった」「何を言いたいのこれ...」と制作意図が分からず困惑した様子の投稿も目立った。

    一方、作品が描いた男性の心情に共感するユーザーも少数ながら出ており、ネット上には、

    「何を言いたいか、誰をくすぐりたいかはわかる」
    「『お父さん』の気持ちが分かる様な気がしないでもない」

    などの声も見つかる。ただ、「男としての葛藤、分かるよ、分かります」と理解を示した上で、「でもそれ、牛乳石鹸と関係あるかしら?」との疑問を投げかける意見もあった。



    2017年8月16日 19時45分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13481365/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【話題】<牛乳石鹸>広告が炎上!「もう買わない」の声「意味不明」「ただただ不快」批判殺到!】の続きを読む

    このページのトップヘ