流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: 雑談


    家庭科の教科書はもはや聖書。 一人暮らしをしてみて初めて気づいたこと8選
    バイレーツ

    記事提供:クレイジー

    1.

    一人暮らしを始めて最初の冬を迎えた男子学生が初めて冷たい水で米を研ぎ、「お母さんこんな思いをして僕を育ててくれたんだ」と母に感謝の言葉を述べたところ、「いいのよ冬はしゃもじで研いでたから」と母が答えたというエピソードが僕の中では心温まる母子の物語No.1です。

    — 磯部洋明 (@isobehiroaki) 2012年1月8日

    2.

    一人暮らししてる友人でこれを米にぶっさしてる人かなり多いんだけど、確認したところ6割ぐらいの人が中栓外してないから面白い pic.twitter.com/AmxzP1ofZN

    — やしろあずき@ティアち49-a (@yashi09) 2017年4月13日

    3.

    去年一人暮らしをした事で「やっていい事」が一気に増えた。
    「外泊してもいいのか!」「一人で旅行してもいいのか!」と、一つずつ大人の階段を昇っていく気がした。その後「徹夜でゲームしてもいいのか!」「自宅DC作っていいのか!」「女装してもいいのか!」と一般人の階段を転げ落ちた

    — NV (@nvsofts) 2015年10月20日

    4.

    東京で一人暮らしをする際の生活水準の目安
    手取り15万円未満:部屋を借りられないので一人暮らしできない
    手取り17万円:ユニットバスの部屋なら借りられる
    手取り20万円:緑黄色野菜が食べられるようになる
    手取り22万円:月に2~3回はデートに行ける

    — 朝森久弥 (@asamorihisaya) 2015年8月29日

    5.

    一人暮らしを始める前と始めた後の脳内を漫画にしてみました

    しかし今はもう「生活」の方しか出てこなくなりつつある…私の中の女子は死んだhttps://t.co/bDCn70tCre pic.twitter.com/piZkPOuG1F

    — カマタミワ@一人暮らし本発売中! (@kamatamiwa) 2016年1月26日

    6.

    一人暮らしして、圧倒的に増えたこと。

    独り言。

    — シルクロード【Fischer's】 (@RytoSle2) 2017年3月7日

    7.

    (…きこえますか…大学に合格した…皆さん…家庭科の教科書だけは…捨ててはなりません…あなたの…一人暮らしで…1番必要な知識が…そこに書かれています…授業では…あまり読まなかった…カラーグラフ食品成分表も…とても役立ちます…)

    — 倉戸みと@5/28デザフェスD-314 (@mitragyna) 2014年2月11日

    8.

    自炊してない人が思ってるほどには、自炊しても節約効果はない。たしかに値引きとかをがんばって買ったり工夫したらかなりいけるんだけど、時間だいぶ使うから、料理が好きでないとたぶん苦痛になる。独り身で働いてるんなら「メシだけ自分で炊いて、おかずは買う」が効率いいと思う

    — まくるめ@コミティアR55 (@MAMAAAAU) 2017年4月11日

    記事提供:クレイジー

    ☆クレイジーFacebookページ☆

    ☆クレイジーTwitter☆



    (出典 news.nicovideo.jp)

    一人暮らしの憧れが絶望へと変わった人間がどれほどいるのだろう、、、。

    <このニュースへのネットの反応>

    【家庭科の教科書はもはや聖書。 一人暮らしをしてみて初めて気づいたこと8選】の続きを読む


    婚活中です こんな条件は「高望み」でしょうか?
    教えて!goo ウォッチ

    一生を左右する結婚相手。失敗して後悔しないように決めたいものだ。「教えて!goo」には「29歳の公務員」という女性より、「婚活中です。これは高望みでしょうか。」というタイトルの質問が寄せられていた。
    質問者が書き込んだ結婚相手の条件とは、「年齢39歳まで。年収300万円〜(正社員)。タバコ、借金、女遊び、DVしない。共働きOKで、家事育児に積極的。堅実。親から精神的に自立している。大卒。結婚願望があり、家族を大切に想ってくれる。」とのことで、
    「今まで浮気をする人や、結婚願望のない人と付き合い、結婚できませんでした。上記のような男性に出会うことはできるでしょうか?」と、問いかけている。これに対して集まった回答を覗いてみると――。

    ■この条件では厳しい? 自分を安売りすべきではない?

    「家事や育児に積極的って男の人、少ないと思います。日本の男性は世界一、家事子育てに消極的と言われてますからね。」(Strawberry-Peachさん)

    「大卒縛りは厳しいですね。大卒のいい男は結婚している率が高く、残りものは性格に難ありが多いからね」(k555555555さん)

    と、まずはこの条件では難しいという回答が目に付いた。が、その一方で、

    「結婚相談所で婚活している男です。その立場で回答します。全く高望みではないです。」(taka-1115さん)

    「自分を安く売らない方が良いと思う」(ワクさん)

    「別に高望みではないと思いますが、本当にその条件ならだれでもいいんですか?」(motenaikun1さん)

    などと、高望みどころか自分を安売りすべきではない、という意見も見られた。

    ■結婚相手はスペックではない

    またその一方で、
    「質問者さんの言い分は、結婚相手を買うような感覚なのでしょうか? あるいはビジネスかな?」(mmks31さん)

    「結婚相手を探すのは、家電を買うのとはわけが違うので、スペックばっかり追っても難しいと思いますよ。(中略)…いまのところあなたの結婚観は『私が幸せになるための方法論』を出ていないようにお見受けします。」(hanzo2000さん)

    「出会いなんて、運命ですからね。(中略)…男性の中身は分かりっこないんで、あまりこだわっても仕方ないです。」(くんこばさん)

    というように、結婚相手はスペックだけで選ぶべきではない、という回答も。

    ■結婚はゴールではない

    このように、さまざまな立場の人よりいろいろな意見が寄せられていたが、結局は、

    「入籍して披露宴を挙げることがゴールではありませんよ。」(りく子さん)

    「結婚って所詮スタートなのです。主さんの条件は、キャリア以外はすべて『結果』です。小さな小石を積み上げていく過程が、結婚というものの正体なんでしょうね。基本はどんな相手であれ、お互いを大切に思うことなんではないかな、と経験者は思います。」(yuripinoさん)

    という回答にもあるように、いい相手とは、結婚した後も愛せる、愛してくれる人なのかもしれない。……みなさんはどう思われるだろうか?

    三枝大介(Daisuke Saegusa)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    妥協しなきゃダメだと思う。そんな相手でも付き合ってみたらよかったって思えるよきっと。

    <このニュースへのネットの反応>

    【婚活中です こんな条件は「高望み」でしょうか?】の続きを読む


    歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家といえば? 3位井上雄彦
    gooランキング

    漫画作品の一番わかりやすいバロメーター「画力」、作品の方向性によって基準などは異なるでしょうが、素人が見てもわかりやすい漫画家の「力」ですね。
    某巨大掲示板でも議論が尽きない話題であり、各漫画家や作品を挙げて殴り合いのような言い合いが日々行われている程、奥の深いものでもあります。

    そこで今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家」をアンケート、ランキングにしてみました。
    ジャンプ最強の画力の持ち主は、一体誰だったのでしょうか?

    1位 小畑健
    2位 鳥山明
    3位 井上雄彦
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「小畑健」!

    週刊連載とは思えない緻密でリアリティのある画風で有名な、「小畑健」が堂々の1位に輝きました。
    背景の書き込みにはキャラクター達の存在感を際立たせるようなリアリティがあり、キャラクターの描写も立体的で週刊連載の常識を超えた表現を見せつけていました。
    代表作『DEATH NOTE』連載中に出されたアシスタント募集には、「かなり厳しい職場」「経験者優遇」という他作品の要項がワザと避けてるであろう表現が使われており、その環境の厳しさを物語っています。

    2位は「鳥山明」!

    デフォルメや独特なメカニカル表現で多くの子供の心を掴み続けている、「鳥山明」が2位を獲得しました。
    代表作である『ドラゴンボール』では「ギャグ」「戦闘」「シリアス」を描き分け表現したり、個性豊かなキャラクターデザインやスチームパンク的な機械表現をしたりなど、一般的な漫画家とは一線を画すセンスを感じさせますね。

    3位は「井上雄彦」!

    躍動感のある表現とリアリティのある書き込みが有名な、「井上雄彦」が3位にランク・インしました。
    代表作『SLAM DUNK』ではまるで動画を切り出したような動きのあるキャラクター、リアリティのある表情表現などで多くの感動的なシーンを生み出しました。

    いかがでしたか?
    「画力」と一口に言っても様々で、各部門によって上位の漫画家は大きく変動する気がしますが、総合的に見ると「小畑健」が一般的に一番画力が高いと思われているようですね。

    今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜43位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:4,609票
    調査期間:2017年03月18日~2017年04月01日


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.hokuto-no-ken.jp)


    原哲夫

    <このニュースへのネットの反応>

    【歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家といえば? 3位井上雄彦】の続きを読む

    このページのトップヘ