流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: まとめ


    仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法…日本人は不安になりやすい遺伝子


    そんなのないよ〜。

    「Thinkstock」より
    Business Journal

     先日、厚生労働省から発表された平成28年の労働安全衛生調査(実態調査)【註1】によると、働く人のなかで、強い悩み、不安、ストレスを持つ人は59.5%(平成27年調査:同55.7%)とのことでした。

     その内容は、「仕事の質・量」が 53.8%(同57.5%)と最も多く、次いで「仕事の失敗、責任の発生等」が 38.5%(同33.2%)、「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」が 30.5%(同 36.4%)でした。

     この結果はここ数年のなかでは例年通りであまり変わらないというのが、産業医としての私の見解です。また、働いている人は、実際に起きている時間の半分以上は働いていることがほとんどですから、彼ら彼女らの不安、悩み、ストレス原因は職場にあることは容易に納得できます。ですから、大切なのはこの職場の不安、ストレス、悩みをどのように解決・解消できるのかということだと思います。

     調査ではさらに、強い悩み、不安、ストレスを持つ人たちに「相談できる人はいますか?」と聞いています。「いる」と答えたのは91.1%(同84.6%)で、 「いない」と答えたのは8.0%でした。

    「ストレスを相談できる人がいる」とした91.1%の労働者のうち、実際にそのようなときに相談した人の割合は 85.0%(同 78.1%) でした。一方、彼ら彼女らのうちそのようなときに「相談したことはない」と答えたのは9.6%でした。

    ●9.6%もの人が、他人に相談できない

     結果の見方を少し変えてみると、悩み、不安、ストレスがあっても相談できる人がいないと答えた人は8.0%おり、相談相手はいると答えたものの実際はストレスがあるときに相談しなかった人は全体の8.7%(=91.1%× 9.6%)いたと計算できます。つまり、100人社員がいると約9人は、仕事上の不安やストレス、悩みがあっても誰にも相談していないということが推測されます。

     実際に不安、ストレス、悩みを相談した相手は、「家族・友人」が 81.3%(同 77.7%)と最も多く、次いで「上司・同僚」が 71.3%(同73.2%)でした。仕事のことは、会社の人には相談しづらくプライベートな関係(家族や友人)でこそ相談しやすいという人と、仕事のことだからこそプライベートでは相談せずに職場の人(上司や同僚)に相談したいという2つの考えがあることが見受けられます。

     そして「ストレスを実際に相談した」と答えた労働者のうち、相談することでストレスが「解消された」労働者の割合は 31.7%(同 31.1%)、「解消されなかったが、気が楽になった」は 60.3%(同59.2%)でした。つまり、強い不安、悩み、ストレスがあるとき、人に相談することにより、実に9割以上の人が解消するか、もしくは解消しなくても、気が楽になったと答えているのです。しかもこの相談相手が、医師やカウンセラーではなく、家族や友人、上司や同僚であることは特筆すべきことかと思います。

    ●日本人は不安になりやすい?

     まとめますと、働く人で不安、ストレス、悩みを持つ人は約半数ほどいて、この人たちは身近な人に相談すれば9割は楽になるのに、実際に100人の社員がいると9人ほどは相談すらできていことが、今回の調査からは推測されます。
     
     日本人は欧米人に比べて「不安」を感じやすいことが、遺伝子学的にも判明しています。2009年に発表された遺伝子調査の結果では、東アジア人はヨーロッパ人よりも、「不安」を感じやすい遺伝子を多く持つことがわかっています。なかでも、一番高いのが日本で、その次に、韓国、中国、シンガポールと続きます。欧米人は不安を感じやすい遺伝子タイプの人は東アジア人の半分ほどで、もっとも少ないのが南アフリカだそうです。また、不安を感じにくい遺伝子型の人は日本人では3%ほどしかいないようです【註2】。

     こう考えると、働く人の不安、悩み、ストレスは感じることは自然なことですし、原因が職場にあってもそれは特別なことではありません。

     しかし、日本の会社では、ストレスやメンタルヘルスの話は、いまだにタブーであったり、恥ずかしいと思われたりしがちです。そして多くの働く人は、精神的なストレスを感じていることを、個々人の弱みと認識しがちで、またそのことを隠す傾向にあります。

     不安やストレスや悩みがあっても、他人に相談していない社員たちに、どのように対処していくか? 会社や人事担当者にとっては、そのあたりが、今後の課題になるのではないかと感じた調査結果でした。
    (文=武神健之/医師、一般社団法人日本ストレスチェック協会代表理事)

    ※引用元
    【註1】平成28年労働安全衛生調査(実態調査)」の概況
    17大産業に属し常用労働者を10人以上雇用する民営事業所のうちから無作為に抽出した約14,000事業所並びに当該事業所に雇用される常用労働者及び受け入れた派遣労働者のうちから無作為に抽出した約 18,000人を調査客体とし、それぞれ9,564事業所及び10,109人から有効回答を得ました。【厚生労働省】

    【註2】日本人は高度不安民族?!



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法…日本人は不安になりやすい遺伝子】の続きを読む


    「なんで日本人は過労死するの?」 プエルトリコ人の素朴な疑問にYOUはなんて答えますか?


    日本人は頭悪いから。

    キャリコネ

    僕はこちらのコラムではしばしば、ブラック企業だの、働き過ぎの日本人だのといった、若干重めのテーマを取り扱うことがある。一貫してブラック企業の存在については批判的だし、過労についても否定的な態度をとっている。

    ご飯を食べるためにしている仕事が、いつの間にか人生の主目的になってしまっているのはヤバいという思いはある。仕事はあくまで生きていくためにするもの。仕事のせいで体を壊しちゃバカらしい。(文:松本ミゾレ)

    「働き過ぎて死ぬなんて信じられない。過労死する前に家族や恋人と旅行に行くべき」

    ちょっと古い話になるけど、「YOUは何しに日本へ?」(テレ東系)で、今年の2月、こんな場面があった。成田空港に降り立つ外国人旅行者にテレ東クルーがインタビューをした際、プエルトリコからの旅行夫婦が印象深い言葉を口にしていた。

    「そういえば、日本には『働きすぎて死ぬ』という言葉がなかった? カローシ?」

    遠い異国の夫婦も、過労死という言葉を知っていたとは、ちょっと驚いた。さらに夫婦は続ける。

    「働き過ぎて死ぬなんて信じられない。みんな仕事を辞めて家族や恋人と旅行に行くっちゃえばいいのよ」

    夫婦は、旅行をしつつ作家として生きているという。自分の住む国を飛び出し、夫婦で世界中を巡って作家活動をする、それだけで生活が成り立っているのだから、過労死する日本の労働者を理解できなくても無理はない。

    つい最近になって、この印象的な言葉がツイッターでも話題になっていた。自由に好きなことをして生きているプエルトリコの作家夫婦の言葉は、日本の労働者には憧れの対象だったようで、結構バズっている。

    年間200人、過労が原因で自殺する日本 肩の力を抜いてもいい

    ここで厚生労働省が先日発表した「過労死等防止対策白書」から、過労死や勤務関連の自死現状について簡単に触れておきたい。

    2016年度の過労死等に係る労災請求件数は、脳・心臓疾患に限っても825件あった。2015年度より30件増えている。このうち260件が労災認定され、死亡に至ったのが107件。過労による精神疾患で自殺したと認定されたのは84件だった。

    僕たちの社会は、少なくとも労務環境にまつわる年間200人近い過労死の犠牲の上に成り立っている。前述のプエルトリコの作家夫婦みたいな生き方はさすがにできなくても、働くことに対してもう少し、肩の力を抜いて取り組んでも良いのではないか。

    過労死や自殺といった結末を迎えてしまう日本人は大勢いるが、果たしてこの社会はそれだけの犠牲に見合った素晴らしいものなんだろうか。

    「なんであなたたちは過労死するまで働くの?」

    海外の人々からこういう問いかけをされたとき、僕たちはどういう顔をして、どう答えればいいのだろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「なんで日本人は過労死するの?」 プエルトリコ人の素朴な疑問にYOUはなんて答えますか?】の続きを読む


    「弁当に冷凍食品は手抜き」勝間和代が意見 「家庭での調理能力がものすごく落ちている」と指摘


    美味しければいい。時間がない人もいるし。

    キャリコネ

    10月10日放送のバラエティー「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、「お弁当に冷凍食品を使うのは手抜きだと思うか」と話題になった際、経済評論家の勝間和代さんが「思う」と主張。問題点を指摘していた。(文:篠原みつき)

    「冷凍食品が悪いという先入観を捨てるべき」という意見も出るが……

    神奈川県の中学校で、給食のクオリティが低すぎて問題になったが、そうすると保護者が弁当を持たせなくてはならない。しかし最近は共働き家庭が多く、毎朝弁当を作るのは大変だ。週刊誌『女性セブン』がこの問題を取り上げ、冷凍食品のお弁当は「手抜き」ではなく「手間抜き」だ、と主婦をフォロー。ときには「冷凍食品を使ってもかまわない」と勧めた。

    番組がこれを紹介し、どう思うかコメンテーター4人に問うと、4人中3人が「手抜きだと思わない」と回答。作家の立花胡桃さんは、「私、入れます、お弁当に。まったく悪いと思いません」とし、最近の冷凍食品はクオリティが高くて美味しい、保存料も入ってないし彩りもいいと絶賛した。

    「逆に今こそ冷凍食品の評価を見直すべきだと思います。冷凍食品が悪いという先入観を捨てるべきだと思いますよ」

    タレントの内山信二さんも「冷凍食品を凍ったまんま子どもに渡したら手抜きだなと思いますけど、朝レンジでチンしてお弁当に入れるっていう作業もけっこう手間だと思うんですよ」と全面的に肯定した。

    「作る技術を身に付けた方が、冷凍食品を買うより早くて安い」

    一方、勝間和代さんは「(手抜きだと)思う」のフリップをひとり堂々と掲げ、問題点をこう述べた。

    「冷凍食品があまりにも素晴らしすぎて、家庭での調理能力がものすごい落ちてるんですよ」

    特に若い世代に、「冷凍食品よりおいしいものを作れないから冷凍食品に頼る」という悪循環が起きてるという。

    「毎日のことを冷凍食品に頼るとけっこうお金もかかりますし、子どもが大人になったとき困るんですよ」とも指摘し、

    「たまに頼るのは問題ないと思うんですけど、毎日のお弁当だったら作る技術を身に付けちゃった方が、冷凍食品を買うより早くて安い」

    と自論を展開した。

    これに坂東さんが、「でもこれからは、そういう生活(冷凍食品ありき)になりますよ」と口を挟むと、勝間さんは「いやそれがアメリカやヨーロッパでも問題になってるんですよ」などと互いに譲らぬ水掛け論になっていた。

    視聴者アンケートは圧倒多数で「手抜きだと思わない」

    番組では視聴者にジャッジを求め、「弁当に冷凍食品は手抜きだと思いますか?」とアンケートと取ったところ、「思わない」が7037ポイントと圧倒多数。「思う」は1641ポイントにとどまった。

    視聴者の意見は、「はっきり言って手抜き!」と断言する人も、自身の弁当に「かなりの割合で冷凍食品を詰めています」と白状している。また、「どんなお弁当であれ、用意すること自体手間がかかるので、手抜きではないと思う」という肯定派の声も紹介された。

    ちなみに筆者も毎日夫の弁当を作るのだが、おかずの8割は冷凍食品で、正直に言ってこれは手抜きだと思う。だが、それが悪いとは思わない。時短と節約ためやむなしの選択だと思っている。なんといっても外食よりは安いので。司会の蝶野さんは「まあね、お弁当作ってもらえるだけでありがたいですよ」と話題を締めくくっていた。大人である。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「弁当に冷凍食品は手抜き」勝間和代が意見 「家庭での調理能力がものすごく落ちている」と指摘】の続きを読む


    顔面が凶器!

    NO.5845403
    遠藤憲一「新宿で職質2回」その驚きの理由とは
    10月6日に放送された『あさイチ』(NHK)のプレミアムトークに、俳優の遠藤憲一(56)がゲスト出演。

    その顔つきから"こわもて"と定評のある遠藤が、「よく職務質問されてしまう」という悩みを打ち明けた。

    遠藤が職務質問されたのは、最近ではおととしと去年の2回。

    どちらも30年以上住んでいるという新宿での出来事だった。

    まずおととしは、昼に新宿でキャップをかぶってウォーキングをしていたとき。

    たくさんの人が行き交う中、通り過ぎるパトカーを遠藤がチラッと見ると、そのパトカーが急停止し、2人の警察官が「ちょっと質問させて!」と遠藤のもとに駆け寄ってきたというのだ。しかし、遠藤がキャップを上げ「一応、俳優なんですけど……」と顔を見せたところ、警察官たちは「あぁ〜、本当だ。ごめん、ごめん!」とすぐに態度が変わり、その場は無事に終わったのだという。

    その際、遠藤が警察官たちに「なんでこんな人がいっぱいいるのに、ピンポイントで俺なんですか?」と質問したところ、警察官は「パトカーを見る目が鋭かった」と返答。遠藤は「俺はふつうに見ていただけなのに!」と、思わずこぼしていた。

    ■歌舞伎町でも職務質問!
    そして昨年は、歌舞伎町の喫茶店で読書をして、店を出た後のこと。

    外に出ると雨が降っていたのだが、新宿での生活が長い遠藤は、俗に言う"呼び込み"の人とも顔見知りで、その一人が遠藤を見つけると「傘持ってないの? あげる、あげる!」と傘を貸してくれたのだという。

    そしてその男性が、店の看板の裏に置いてあった傘を遠藤に渡した瞬間、目の前にパトカーが止まり、職質されてしまった。

    遠藤と呼び込みの男性が、怪しい取引をしていると警官が勘違いしたのだ。

    このような経験をしてきた遠藤は「パトカーをどういうふうに見ればいいのか分かんなくなっちゃって……」と、悩みを告白。

    パトカーが来て目をそらすのも怪しいし、逆に自分からパトカーへ声をかけるのはもっとおかしいと不満を吐露。

    ここで有働由美子アナウンサー(48)が、遠藤がどんな目つきだったのか確かめようと、「カメラをパトカーだと思って見ていただいていいですか?」とリクエストし、すぐに遠藤がカメラに視線をやると、確かにその眼光は鋭く、有働アナも思わず納得してしまっていた。

    「遠藤のこわもては、もはやネタになっていますね。出演中の朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)でも、遠藤の顔がアップで映るシーンが多く、"顔芸"として話題になっています。こわもては遠藤のウリでもありますし、職務質問されるぐらい迫力があるということで、誇りに思ってもいいんじゃないでしょうかね」(芸能誌記者)――役者冥利(みょうり)に尽きる!?
    【日時】2017年10月12日 07:30
    【提供】日刊大衆


    【遠藤憲一「新宿で職質2回」その驚きの理由とは】の続きを読む


    年齢を感じさせない美しさがありますよね。

    NO.5846728
    石田ゆり子「かわいすぎる3ショット」が大反響!
    10月4日、女優の石田ゆり子(48)が自身のインスタグラムを更新し、ドラマの撮影現場で誕生日を祝ってもらっている画像を公開した。

    子役たちと一緒に写る石田の無邪気な姿に、多くのファンが喜んでいるようだ。

    10月3日は石田の誕生日で、その翌日となる10月4日は、月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)の撮影日。

    撮影現場にはサプライズのバースデーケーキが用意され、石田は出演者たちからお祝いされたようだ。

    石田は、そのときの写真を自身のインスタグラムに公開。

    石田と、同ドラマに出演する子役の鳥越壮真くん(5)と野澤しおりちゃん(6)が並び、三人で仲良くケーキのろうそくを吹き消そうとしている画像で、「三人でろうそくを吹き消すの図。美味しかったね。ありがとう」とコメントが添えられていた。

    二人の子役を抱き抱え、ろうそくの火を吹き消そうと口をすぼめる石田の姿に、ファンは大喜び。

    「なんてキュートなの!」「これで48歳とか信じられない」「まさに奇跡のアラフィフ」「こんなナチュラルできれいな大人の女性に憧れる」と、称賛のコメントがネットに続出した。

    また「3人の仲良さそうな雰囲気が伝わってきて、ドラマがめちゃくちゃ楽しみになった」「ほのぼの感がステキです。ドラマでもこんなシーンがあるのかな?」と、ドラマに期待するコメントも多く上がっていた。

    ちなみに『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』は、10月23日からスタート。

    石田は篠原涼子(44)演じる佐藤智子のママ友役で、鳥越壮真くんは智子の息子役、野澤しおりちゃんは石田の娘役を演じている。

    「石田がインスタグラムを開設してから1年がたちましたが、自然体の姿が見られるといまだに大好評です。先日も、女優の板谷由夏(42)の家で誕生祝いをしてもらっている画像を公開していました。なにげないスナップショットでしたが、それでも石田の美しさは際立っていましたね」(芸能誌ライター)

    年齢を重ねても飾らない素顔を披露して、多くのファンから支持されている石田ゆり子。

    ドラマでも、そのナチュラルな魅力で視聴者を癒してくれるに違いない。

    【日時】2017年10月12日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【石田ゆり子「かわいすぎる3ショット」が大反響!】の続きを読む

    このページのトップヘ