流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: まとめ


    「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…


    します。美人は得です。

    「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…
    Menjoy!

    「もう男って美人には甘いんだから!」と思わず憤慨したくなったことありませんか? 男性たちはタテマエではきっとこう言うでしょう。「そんなつもりはない。皆に平等に接しているよ」と。でも、ホンネの部分ではどうなのでしょうか!? そこで今回は、"美人に対するえこひいき"に関するアンケート調査結果をお届けします!

    「美人をえこひいきした経験はありますか?」

    『Menjoy!』では、20代~40代の男性500人に"美人に対するえこひいき"に関する質問3問に答えてもらいました。

    1:「美人をえこひいきした経験はありますか?

    「ある」・・・158人(31.6%)

    「ない」・・・342人(68.4%)

    2:「美人が仕事でミスしたとき、つい大目に見たことはありますか?」

    「ある」・・・151人(30.2%)

    「ない」・・・349人(69.8%)

    3:「美人に、金銭面でつい大盤振る舞いしたことはありますか?」

    「ある」・・・125人(25.0%)

    「ない」・・・375人(75.0%)

    美人をえこひいきしたことのある男性、仕事面で甘い顔をした経験のある男性の割合は3割程度。そして、美人に対してはつい財布の紐がゆるくなっちゃう男性は4人に1人程度とのことです。

    「あれっ、意外と低い?」という気がしませんか? でも、これはあくまで男性の自己申告ですからね。無意識のうちにえこひいきしちゃっている男性を含めると、「ある」の割合はもっと高まるものと思われます。

    「美人に対してどんなイメージを抱きますか?」

    次に、男性たちに"美人に対して抱くイメージ"として、4つの項目のなかから当てはまるものを全て選んでもらいました。

    女性511人に対しても同じアンケートに答えてもらったので、その違いをお見せしましょう。

    美人に対して"仲良くなりたいor近寄りがたい"に関しては、女性では半数近くが「近寄りがたい」を選んでいるのに対し、男性では「仲良くなりたい」が「近寄りがたい」を上回っています。

    また、"美人は性格がいいか悪いか"については、しばしば論争になりますが、"美人=性格がいい"と感じる男性の割合は女性のおよそ2倍。

    もちろん、一口に"美人"といっても癒し系からクール系まで個性は千差万別なので、美人に対するイメージを一律に決することはできません。ただ、このアンケート結果を見る限りでは、美人に対する好感度は女性よりも男性のほうが高いことがうかがえますね。

    【特集】「男性はここを見ている!」お家デートで気を付けるポイント

    「美人に対してどんなえこひいきをしたことがありますか?」

    男性たちに、美人に対して実際にしたことのある"えこひいき"の内容についても尋ねてみました。

    「バイトの面接に来たときは即採用」(43歳、営業・販売)

    「他の人に比べて美人から依頼された仕事の方をついつい優先してしまう」(47歳、総務・人事)

    「好きな女優に似ていて、ミスを自分のせいにした」(37歳、営業・販売)

    「少し多めにお菓子をあげる」(33歳、営業・販売)

    「割り勘の所をご馳走した」(26歳、学生・フリー)

    「塾でアルバイトをしていたときに、美人の生徒にたくさん時間を割いてしまった」(32歳、その他)

    仕事や金銭、その他さまざまな面で、つい美人を優遇してしまうのが偽らざる男心!?

    と、ここまでの流れでは「美人ってやっぱりお得じゃん!」という気がしますが、以下に挙げるとおり"えこひいき=お得"とは限らないようです。

    それって正直ありがた迷惑なんじゃ……

    「外回りするときに、よく連れていった」(48歳、その他)

    「かわいい部下は飲み屋に連れて行き、それ以外は誘わなかった」(42歳、その他)

    「会社で自分と話を長くしてほしいから、長話を吹っ掛けて時間を稼いだ」(38歳、研究・開発)

    えこひいきというか、美人にはついついちょっかいをかけてしまうというコメントも散見されました。

    美人の側からすれば、気のない相手からちやほやされすぎるのもちょっとうっとうしい……というマイナス面はあるかもしれませんね。

    また、"ミスを大目に見てもらえる"というのも、一時的にはうらやましい反面、ミスを矯正する機会が失われてそのぶん仕事での成長が遅れるという弊害もあるといえるでしょう。

    以上、美人に対する男性の本音をお届けしましたがいかがでしたか? やっぱり何だかんだ言っても、男性は美人にはつい甘くなる傾向はあるようです。

    ただ、女性は肌のお手入れやメイクしだいで美人度をアップさせることは可能。美人に甘い男性に憤慨するよりも、キレイを目指す努力を積み重ねるほうが建設的かもしれませんね。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…】の続きを読む


    監督なんか誰がやっても同じだよ。
    日本は強くないんだから。

    1 豆次郎 ★ :2017/08/23(水) 06:36:12.23

    8/23(水) 4:54配信
    ハリル監督、31日豪戦引き分け以下で解任も

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が、オーストラリア戦(31日、埼玉)に引き分け以下で、解任される可能性があることが22日、分かった。

     日本は現在、18年W杯ロシア大会アジア最終予選を2試合残して5勝2分け1敗の勝ち点17で首位だが、オーストラリア戦の結果次第では自動出場圏外の3位に転落する。最終戦のサウジアラビア戦(9月5日、アウェー)を監督代行で乗り切ることも視野に入れている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-01876125-nksports-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】ハリルホジッチ監督、31日オーストラリア戦引き分け以下で解任も】の続きを読む


    だれでもいいわ。

    NO.5733369
    意外なランナー候補が!?「24時間テレビ」裏ガイド
    夏の風物詩とも言える民放王者の名物番組が放送前から空前の盛り上がりを見せている。

    気になる走者は誰だ? 放送まであと数日に迫ってきた日本テレビ系列の夏の恒例チャリティ番組『24時間テレビ愛は地球を救う』(8月26日〜27日放送予定、以下『24時間』)。

    40回の節目となる今回は、放送前に過去最高とも言える盛り上がりを見せている。

    その理由は、"マラソンランナーが誰になるのか?"明かされていないためだ。

    民放局ディレクターは苦笑を浮かべて、こう話す。

    「マラソンランナーの当日発表とは、やられたと思いましたね。これまで、『24時間』のピークは、2日目のラストしかなかったんです。マラソンランナーが"ギリギリ"でゴールして、出演者みんなで『サライ』を歌って大団円を迎える。それが今年は、初日の放送冒頭に一つ目のピークを持ってきた。頭から爆発的に高い視聴率で入れば、平均視聴率初の20%超えまであるかもしれません」

    日テレの仕事を請け負う制作会社関係者は言う。

    「今回、『24時間』の総合演出は、『行列のできる法律相談所』や『人生が変わる1分間の深イイ話』などの局の看板バラエティを多数手がける、超ヒットメーカーの高橋利之さんです。高橋さんの異名は"視聴率モンスター"。視聴率を取ることに関して天才的な人です。今回、マラソンランナーが当日発表になったのは、なんらかのただならぬ事情があったのだと思いますが、ピンチをチャンスに変えたと言えるでしょうね」

    芸能レポーターの長谷川まさ子氏も、こう言う。

    「私も、きっと当てにしていた人に、断られたんだと思いますよ。当初から当日発表にするんだったら、例年通りの5〜6月に、そう発表していたと思うんです。でも、最終的には、このやり方でうまく体裁が整いましたよね。サプライズ感十分で、例年のマンネリ感が拭われた印象です」

    今回、複数から、"マラソンランナー有力候補者"だったに違いないと名前が出たのが、手越祐也(29)だ。

    「手越は、日テレの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』のレギュラーであり、今回の『24時間』のメインパーソナリティ、小山慶一郎(33)と同じ『NEWS』のメンバーで、親和性は抜群。ただ、手越は最近、奔放な女遊び報道や、金塊強奪犯人と一緒に写った写真の流出など、スキャンダルが相次いでしまった。チャリティ番組の手前、さすがに任せることができなくなったのでは、というのが大方の見方です」(放送作家)

    そして、7月30日。

    前出の総合演出・高橋氏が手がける『行列〜』で、今年のマラソンランナーが当日発表になることが、今回で7年連続『24時間』の総合司会を務める羽鳥慎一(46)の口から明らかにされたのだ。

    「走る可能性のある人は、当日、"武道館にいる人"。そして、"走る理由がある人"ということでした。羽鳥さんは"本気で詮索しないで"と呼びかけましたが、ここから一気に、マスコミによる詮索合戦が始まった。羽鳥さんにああは言わせましたが、高橋氏は当然、詮索合戦になることも見越していたはず。なぜなら、それが結果的に、番組の宣伝になりますからね」(前出の民放局ディレクター)

    その日の放送から現在まで、"候補者"として名前が浮上したのは次の面々だ。

    総合司会の前出の羽鳥、水ト麻美アナ(30)。

    メインパーソナリティの前出の小山、櫻井翔(35)、亀梨和也(31)。

    チャリティパーソナリティの石原さとみ(30)。

    サポーターの徳光和夫(76)、東野幸治(50)、宮迫博之(47)、後藤輝基(43)、渡部建(44)、梅沢富美男(66)、ブルゾンちえみ(27)。

    さらに、出演者お迎え役のサンシャイン池崎(35)と、みやぞん(32)に加え、「りゅうちぇる(21)、綾部祐二(39)、市川海老蔵(39)、今回、登山企画で『24時間』への出演がすでに決まっている"マラソン経験者"のイモトアヤコ(31)などの名前が出ました」(芸能記者)

    実際、可能性のある人に対しては練習が課せられているそうで、「羽鳥さんが"本当に俺もやるの!?"とボヤキながらトレーニングしていた」(芸能関係者)という話も聞こえてくる中、一部でささやかれるのが、今回、特例でリレー形式を採用するのではというもの。だが、前出の長谷川氏は、「リレー形式では感動が薄いのでは」と否定的な見解を示し、こう続ける。

    「私の予想は、みやぞんです。実は私も一昨年、フルマラソンを走ったんですが、3か月弱の準備をしても本当に大変でした。今回のあまりに短い準備期間だと、体力に不安がある人だと重大な事態も起こりえる。今、局はコンプライアンス的に、そんなリスクは絶対に冒せないので、24時間走りきれるであろう、みやぞんが有力なのでは。また、彼なら沿道の人たちとの触れ合いも面白そう。マラソンランナーとしてのサプライズ感はなくても、ゴールまで、ずっと楽しめそうな気がします」

    では、最後に本誌予想を。

    超大穴で島田紳助氏(61)!

    紳助氏とともに日テレのエースに駆け上がった高橋氏。

    "視聴率モンスターが仕掛ける超ド級のサプライズで、まさかの"帝王復活"がある……かも!?

    【日時】2017年08月22日 18:00
    【提供】日刊大衆


    【意外なランナー候補が!?「24時間テレビ」裏ガイド】の続きを読む


    喋らなければもっと印象良くなるのに。

    NO.5734626
    脚長くびれボディ、ダレノガレ明美のセクシー水着ショット
    モデルでタレントのダレノガレ明美(27)が、Twitterと Instagramで大胆な水着ショットを公開した。

    22日、ダレノガレは「ピンクフラミンゴとあたし」と、プールに浮かぶピンク色の大きなフラミンゴ浮き輪に乗り、スラッと長い脚を伸ばしている画像を投稿。

    ビキニ姿のダレノガレは、引き締まった腰回りとボリューミーな胸を見せつけている。

    これにネット上のファンからは、「脚長すぎ!」「このスタイル、激ヤバ」「まさに最強ボディ」といった絶賛コメントが殺到。

    約1時間でTwitterとInstagram あわせて3万件以上の「いいね!」を記録するなど、大きな反響を呼ぶことになった。

    圧巻のスタイルを見せつけたダレノガレには、同性ファンからの憧れ目線のコメントが多いものの、当然ながら男性ファンにも刺激的だった様子。

    ダレノガレの実兄でバラエティ番組に顔を出す福住龍司氏も、「妹がなんか...エロク見えるのは私だけ(笑)」と、妹の水着ショットにコメントを寄せている。

    兄の目にもダレノガレはイイ女に映ったようだ。

    ちなみに、この兄のコメントにダレノガレは「兄貴やめれ」と返信している。

    さらにダレノガレは、フラミンゴとのツーショットの数時間後にも水着姿をアップ。

    背中がパックリ開いたワンピースタイプの水着を身につけており、こちらにも相変わらずの美貌を称賛する声が相次ぐことになった。

    今月初めには、「30cm以上切りました すっきり」とショートヘアにイメチェンしたことをSNSで報告したダレノガレ。

    この変化は男性ファンに「グッと色っぽくなった」と好評で、それが今回の水着ショットの反響にもつながったようだ。

    最近のダレノガレといえば、20日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、交際宣言していた一般男性との破局を告白して話題に。

    ダレノガレは昨年6月に商社マンとの交際が報じられ、今年4月のイベントでは、「今、仕事で日本にいないけど、電話で『アケのご飯が食べたい』って言っているので、胃袋をつかんでいる」と順調ぶりをアピールしていた。

    さらに、「彼のプロポーズ待ち。子供は欲しい」などと話したこともあり、一部メディアは「結婚間近」とも報じた。

    しかし、最近になって破局情報も見られるようになっていた。

    同番組でダレノガレは、共演者に「別れたの?」と聞かれ、「そうそうそう」とあっさりと破局を告白。

    これにネット上の視聴者からは、「相変わらずさっぱりしてる」「ダレノガレらしい」などと好意的なコメントが続出した。

    この好感度の上昇も今回の水着ショットに対する絶賛につながったのかもしれない。

    ともあれ、SNSで刺激的な姿を見せ、バラエティでプライベートを赤裸々に語る彼女は、今後もさまざまな話題を呼ぶことになりそうだ。

    【日時】2017年08月23日 10:00
    【提供】メンズサイゾー


    【脚長くびれボディ、ダレノガレ明美のセクシー水着ショット】の続きを読む


    確かに。
    みんな同じに見える。
    顔がよければ誰でもいいという現状。
    誰が演じても同じだなぁ。

    1 ニライカナイφ ★ :2017/08/23(水) 07:24:53.88

     下手な役者に薄っぺらい脚本、ベタな演出、そして、プロダクションへの忖度――。日本のドラマ業界が抱える数多の問題点を、各局の情報番組でコメンテーターを務めるデーブ・スペクター氏が敢えて喝破する。

     ***

     僕は日本のテレビ番組すべてがダメと言ってるワケではありません。ニュース、バラエティ番組は世界的に見てもレベルが高いと感じています。ただ、ドラマだけは本当にひどすぎる。20~30年前と比べて進歩するどころか、どんどんクオリティが下がっている。特に問題なのは役者の演技力。僕もテレビ業界で仕事をしてるから、あんまり厳しいことは言えませんが……。まぁ、演技のレベルはあらゆる先進国のなかでもぶっちぎりで最悪だと思いますね。

    デーブ・スペクター氏
     もちろん、なかには面白いと感じるドラマもあるんです。「家政婦のミタ」みたいに伝えたいテーマのハッキリした、ハイコンセプトな作品は欠かさず観ていました。役所広司や樹木希林、桃井かおりをはじめ、芝居のうまい役者もいる。名作として印象に残っているのは97年にTBS系で放映された「青い鳥」ですね。主演した豊川悦司と夏川結衣の不倫逃避行を描いているんですけど、オーバーな演技は一切なく、どのシーンも抑制が利いていて画面から緊張感が伝わってきた。でも、どうして20年も前のドラマを取り上げるのかと言えば、それ以降、大人の鑑賞に堪える欧米型のドラマが作られていないからです。

     連ドラに出演する役者の8割は、とにかく芝居が大げさで「わたし、いま演技してまぁす!」と顔に書いてある。それに、喋り方が不自然だからセリフに集中できない。以前から不思議に思ってるんですが、日本の役者はセリフの途中に奇妙な間を一拍置くんです。「なんで、そういうことを、言うんだ、君は?」といった感じで。あと、セリフの語尾で息を吐きますよね。「この前さ(はぁー)、どうして(へぇー)」、と。溜めを作って聞きやすくしているつもりかもしれないけど、セリフが隙間だらけで素人っぽい印象しか残らない。だって、僕らが会話をする時に、そんな勿体ぶった喋り方しないでしょ。その上、すぐに感情を剥き出しにして怒鳴る。大声でセリフを叫ぶことが、気持ちのこもった演技だと勘違いしてるんだろうね。

    とはいえ、役者だけを責めるのはかわいそう。何しろ、日本のドラマに出演してるのは、芝居経験に乏しい、モデルやアイドル上がりの素人同然の芸能人が多すぎるから。制作スタッフも大変ですよ。撮り直す時は、「こっちの技術的なことで、もう一回お願いします!」と言うんですけど、本当は芝居の技術が足りないだけ。しかも、厳しく指導して女優に泣かれたら面倒だし、どっちみち良くならないから、適当なところで切り上げる。これで傑作ができると思いますか。

     僕は単に日本のドラマの悪口を言いたいワケではありません。むしろ、素晴らしい作品を生み出すために建設的な議論がしたい。それだけに、いつまで経っても下手な役者を使い、海外ドラマに学ぼうとしないテレビ局のドラマ作りの姿勢には失望してるんです。

     実は、欧米ではここ10年ほどテレビドラマの「黄金時代」が続いています。

     火付け役となったのは99年にスタートした、現代版「ゴッドファーザー」と言うべき骨太な群像劇「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」。それ以降、ケビン・スペイシーが製作総指揮を務めた政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」や、圧倒的なオリジナリティが魅力の「ブレイキング・バッド」といった話題作が続々と登場しています。第一次大戦前後を舞台に貴族と使用人の人間模様を描く、イギリス発の「ダウントン・アビー」は、世界で最もヒットしたドラマになりました。そして、「ゲーム・オブ・スローンズ」は言うまでもない。

     正直、こうした海外ドラマは制作費も映画並みなんですが、作品の完成度はもはやハリウッドを凌駕している。映画業界全体が儲からなくなったせいで、ハリウッドが手掛けるのは海外でもウケやすい大味なアクションや、コミック原作ばかり。僕もかなりの映画好きだったけど、いまや映画館に足を運ぶのは年に2、3回程度。一方で週5~6本の海外ドラマを欠かさず観ている。それくらい、いまの海外ドラマは面白い。たとえば、「ブレイキング・バッド」のストーリーはこうです。末期がんを宣告された田舎町のサエない化学教師が、障害を抱える息子に財産を残すため覚醒剤の密造に手を染め、闇社会とのトラブルに巻き込まれる――。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13498826/

    ※続きます


    【【テレビ】デーブ・スペクター 日本の役者の演技力に「ぶっちぎりで最悪」「日本のテレビは2年間ドラマ制作をやめよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ