流行ブログ

このブログでは様々なジャンルの流行りのネタを取り上げています! 目指せ!明日の話題王!

    カテゴリ: まとめ


    禁煙になって欲しい。そして客離れが進んで欲しい。

    NO.5730972
    パチンコ店客離れ心配 富山県内、屋内禁煙論議注視
    2020年の東京五輪・パラリンピックを前に受動喫煙防止対策の議論が過熱する中、サービス業の施設を原則「屋内禁煙」とする厚生労働省の方針を巡り、県内のパチンコ店関係者が頭を悩ませている。

    来店客の喫煙率は一般平均よりも大幅に高く、喫煙できなくなれば客離れにつながる可能性があるからだ。

    一方で「業界のイメージアップになる」と前向きに捉える声もある。

    政府は東京五輪・パラリンピックに向け、公共の場で受動喫煙を防止する対策の強化を目指している。

    厚労省は昨年10月、飲食店やホテルといったサービス業の施設は、喫煙室の設置を認めた上で、屋内を原則禁煙とする案を公表した。

    飲食店の規制に慎重な姿勢の自民党が反発し、協議は平行線をたどっている。

    飲食店を巡る議論に注目が集まる中、同じサービス業の施設として規制が強まる見通しになっているパチンコ業界にも懸念が広がる。

    滑川市内でパチンコ店を経営する山本容基県遊技業協同組合理事相談役は「客離れに直結することが予想される」と話す。

    日本遊技関連事業協会(東京)によると、全国のパチンコ店利用者の喫煙率(2015年)は43・2%で、一般成人の19・9%の2倍以上。

    男性客の喫煙率は64%で一般の約2倍、女性客は48%で一般の5倍近くに上るという。

    山本相談役の店舗に足を運ぶ人も、ほぼ半数が喫煙者だという。

    喫煙室の設置が認められても「『たばこを吸いながら遊びたい』というお客さんは多い。業界として真剣に対応を考えなければならない課題だ」と話す。

    客の反応はさまざまだ。

    富山市内のパチンコ店を訪れていた市内の女性(62)は「験担ぎの思いを込めて、たばこに火を付けることもある。禁煙は困る」。

    一方、同市内の男性(52)は「口寂しいが仕方ないのでは」と理解を示す。

    県内で23店舗を展開する澤田グループ(魚津市吉島)では、店舗改装の際に禁煙の休憩ルームを設置するなど、たばこを吸わない人が快適に過ごせる空間づくりに力を入れている。

    遊技台の間には、煙が横で遊技をしている人の方へ流れていくのを防ぐ透明なボードも設置。

    澤田康弘常務は「パチンコ店が嫌われる理由の一つに、たばこの臭いがある。マイナス要素を減らしたい」と言う。

    全国には全席禁煙のパチンコ店もあり、「禁煙は長い目で見れば、新しいお客さんを呼び込むきっかけになるかもしれない。不安と希望の両面から議論の行方を見守っている」と話している。

    【日時】2017年08月21日 05:00
    【ソース】北日本新聞


    【パチンコ店客離れ心配 富山県内、屋内禁煙論議注視】の続きを読む


    高層階になると騒音はないしいいと思うけど。停電になったら大変だけどね。

    1 ニライカナイφ ★ :2017/08/21(月) 16:54:16.29

    住宅ローンは空前の低金利が続いているため、マイホーム購入を検討している人も多いだろう。
    私事で恐縮だが、筆者は11年前に35年ローンで一戸建てを購入した。
    その際、「マンションか一戸建てか」ではひとしきり悩んだものだ。
    それぞれに長所と短所があり、地域にもよるため一概には言えないが、つまりは「自分が心地いい暮らし方」に近づけるのはどちらか、という話だと思う。

    8月16日のガールズちゃんねるで、「一軒家とマンション」というトピックがあった。
    トピ主は「購入した方、メリットとデメリットを教えてください」と単純な質問を投げているが、これに1500以上のコメントが寄せられた。
    大まかにみて「近所への気兼ね度」「生活利便性」「維持コスト」「資産価値」が比較対象のようだ。

    ■ 一戸建てメリット「子どもがドタバタしても気を遣わなくていい」

    まず上がった「一戸建て」のメリットは、「子どもがドタバタしても気を遣わなくていい」
    「夜中の洗濯とかシャワーとかトイレとか、水周りのこと気兼ねなくできる」など、騒音問題が少ないこと。

    また、「プライバシーが確保出来る」「庭でバーベキューができる」など、やはり敷地内での自由度が高い。
    「駐車場代が不要」「一軒家は古くなっても土地が残る」などもあった。

    デメリットは「寒い。冷暖房効かない。怪我すると階段が面倒。虫が入ってくる」「防犯面不安」などだ。
    虫問題を挙げる人は多く、それがイヤでマンションに越したという人もいたほど。虫は地域性にもよると思うが…。

    冷暖房は、効かないことは無いが、マンションと比べると気密性が低いため冬はやはり寒い。
    防犯面ではガラスを割るなどで侵入される危険性は高い。
    筆者の住む住宅地では泥棒が頻発した時期があり恐ろしかった。

    それでも筆者が戸建てを選んだ理由は、夫婦共に一軒家で育ったという所が大きい。
    マンションでは何かと住民同士の合意が必要だったり、上下左右のご近所様に気を使いそうで面倒だ。

    ■ マンションの騒音は建物の構造や環境によって左右される

    スレッドには、マンションのデメリットとして
    「共用部の管理について、自分の好きに出来ない。修繕積立金は高くなっていく」
    など、集合住宅特有の煩わしさを書く人が多かった。

    また「固定資産税」は両者ともローンが終わっても支払うものだが(筆者宅も年9万円強払っている)、マンションはプラス管理費と修繕費も継続してかかる。
    その他、「駐車場から部屋までが遠い」「駐車場が有料」などが挙がっている。

    こうして見ると一軒家のほうが良さそうで、中には「マンションは一軒家を買えなかった人が買うもの」という失礼なコメントもあった。
    しかしながら、全くそんなことはないと思う。マンションのメリットは一戸建ての裏返しのような面があるのだ。

    「冷暖房がすぐに効く」
    「ゴミ出し24時間OK、虫が出ない、一人の時や留守番時怖くない、生ごみ処理機や床暖房・宅配ボックスなど快適な設備」
    などを挙げる人は多い。駅近のマンションなら通勤に便利で、資産価値も高いものだ。

    「土地にこだわりないので、マンションがいいです。利便性と快適重視。(中略)共働きだし」
    などの声もあり、マンションのほうが生活し易い人も多いだろう。

    現に筆者の親はリタイア後地方のマンション暮らしだが快適そうで羨ましい。
    地方と言っても利便性は高く、スーパーと総合病院は歩いていける距離にある。

    マンション暮らしでも騒音はないとする声は複数あるし、筆者の親も音で困ったことは無い。
    スレッドには、むしろ「木造の戸建てのほうが隣の声が丸聞こえ」という証言もあり、騒音は建物の構造や環境によって左右される。

    スレッドは両者のけなし合いのような場面もあったが、メリットとデメリットは表裏一体だし、欠陥住宅に気を付けなければならないのはマンションも戸建ても同じこと。
    良い建物と良い立地にはそれだけのお金が必要というわけで、結局は自分の経済力と妥協できない部分との折り合いをつけるということになるのだろう。

    https://news.careerconnection.jp/?p=39671

    ★1:2017/08/21(月) 15:11:50.75
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1503295910/


    【「一戸建て」と「マンション」のメリットとデメリット 「マンションは一軒家を買えなかった人が買うもの」ではない】の続きを読む


    本当にうまいイカを食べたらハマるのに。
    勿体無い。

    1 ばーど ★ :2017/08/21(月) 18:09:29.80

    「魚離れ」とよく言われているが今に始まったことではない。

    2001年からじわじわと減少の一途なのだ。
    そこで外務省の方からFAO(国連食糧農業機関)に聞くのが最も確かな数字ということで、問い合わせしたところ、魚介類の一人当たりの年間消費量の30年間の推移では、2005年までは日本は世界的にみて、魚介類の消費量は断トツに1位を維持していた。しかしその後2006年には韓国、2010年にはノルウエーに追い越され、魚の消費量は3位となっている。ちなみに4位が中国、5位がEUとなる(国連食糧農業機関、「Food Balance Sheets] 参照)。

    このところ巨大な人口を持つ中国の消費量が1995年からじわじわ増量している。中国では流通のインフラが整備されてきており、その為、随分以前から買い負けが起こっている。一人一人の消費量が増加すれば、今後はますます日本の魚の価格はアップしていくであろう。
    とはいえ、その前になぜここまで日本人が魚から離れていったのだろうか。

    ■スーパーでも肉は好調、一方、魚は売れない

    スーパー関係者に聞いてみると、 「確かに魚が売れないのですよ、肉は売れるんですけど・・・・」

    「魚惣菜を中心にし、その中に「刺身」を販売するという逆発想も必要かも・・・」といった声も聞かれる。
    そこで水産庁の平成25年に実施した消費者モニター自由回答をみてみることに。

    魚を食べるメリットとして
    ?健康的
    ?季節感を感じることができる

    魚を購入した際のデメリットとして
    ?魚のメニューで思い浮かべてもレパートリーが少ない
    ?肉に比べ割高感がある
    ?生ごみが発生しやすい
    ?日持ちがしない

    小売りの方々も生ごみ問題は認識されており、 「ごみ日の前日は鮮魚の売り上げがアップするのです」

    ■魚から肉食へ変わっていく日本人

    そこで魚の購入をより詳しく見てみると、日本人の一人当たりの消費量の内容では2001年をピークに2009年以降、肉にシフトしていることがわかる。

    1人、1年あたりの消費量:農林水産省「食料需給表」

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    このほかに、農林水産省が平成25年に消費者モニターによるアンケートを実施された内容を見ると、平成9年(1997年)と平成25(2013)年2月では、魚を食べる頻度が高い者(「週に4~5回位」又は「ほぼ毎日」魚を食べる者)の割合が49.9%から32.1%と17.8%減少している。そして外食でも肉類より魚介類を選ぶとする消費者が減ってきているのだ。

    ■イカが1位から4位に陥落

    さて家計調査2016年魚の購入量を種類別で調べてみた。 2000年から辿ってみると、NO1だったイカがなんと4位に陥落しているのだ。

    1人当たりの年鑑購入数量 その推移 総務省「家計調査年報」2世帯

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    ※以下省略 見出しのみ 全文はソース先をお読み下さい

    ■イカはレジームシフトに影響を受けやすい

    ■レジームシフトとはなにか

    ■高齢化によるイカ離れ

    ■魚における栄養から訴求

    8/21(月) 14:12
    https://news.yahoo.co.jp/byline/ikedaeri/20170821-00074638/


    【「いか」を食べなくなった日本人 その理由は・・・】の続きを読む


    また新人ですか。頑張って欲しいね(^^)

    NO.5730964
    「18歳なのに色気ヤバイ」完全新人華村あすか、グラビアデビュー
    今まで芸能活動をまったくしたことがない"完全新人"の華村あすか(18)が、発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。

    初仕事でグラビア名門誌のカバーガールに大抜擢されたキラ星のごときグラマラス美少女に注目が集まっている。

    華村は身長168センチ、スリーサイズ上からB86・W60・H83という丁度いい肉付きの極上ボディ。

    18歳とは思えないほどの落ち着いたルックスで8頭身スタイルの持ち主でもあり、美しいバストの谷間を大胆に披露した表紙カットは新人らしからぬ色気を感じさせる。

    これほどのルックスとスタイルであれば雑誌のカバーを飾る前に何らかの活動をしていそうなものだが、彼女の名前で検索しても情報は一切なし。

    今春に地元・山形から上京し、女優を目指し始めたばかりという正真正銘の完全新人だ。

    高校の卒業祝いで買ってもらうまでスマホを持ったこともなく、このネット時代に「まったく情報がない」という稀有な存在。

    非凡な素材でありながらピュアな"普通の女の子"である華村と初めて顔合わせした際、グラビア担当者は「まだこんなコがいるんだ...」と本気で驚嘆したという。

    グラビア本編では、キュートでセクシーなビキニ姿やレオタード風水着で寝そべって8頭身スタイルを見せつけるカットなどに挑戦。

    健康的な肉体美と「ほぼスッピン」という素顔を惜しげもなく披露している。

    豊満な美バスト、美しい曲線を描くウエスト、ちょうどいいボリュームのヒップ、スラリとした美脚...そのどれもが文句のつけようがなく、初仕事で表紙&巻頭グラビアに抜擢されるのも納得の仕上がり。

    同誌には「シンデレラストーリーが今、始まる。」というコピーが踊っているが、まさに伝説の幕開けとなりそうな珠玉の初グラビアとなっている。

    ネット上でも「可愛すぎてヤバイ」「18歳でこの色気はすごいわ」「口元のホクロがたまらん」「すごい子を発掘したもんだ」「スタイル良すぎ」「早くSNSやってほしいな」などと反響を呼んでおり、一気に人気に火が付きそうな気配だ。

    「昨今は『完全新人』と銘打っていても過去の活動やSNSがすぐに暴かれてしまいますが、華村さんは本当に何の色にも染まっていないまっさらな新人。それでいながら目を見張るような美少女で落ち着いた大人の色気も兼ね備えており、8頭身スタイルでプロポーションは抜群。こんな"完全新人"を見つけ出してくる同誌の発掘力はさすがですね。今年は『週刊ヤングマガジン』(講談社)で4月にグラビアデビューした小倉優香さん(18)が新人の中で圧倒的人気だったのですが、それに対抗できるだけの超逸材を『週プレ』が満を持して登場させたともいえそうです」(アイドルライター) 

    同誌には初のインタビューも掲載されており、華村は「(実家は)夏になると蛍の光が辺り一面を照らすような山の麓にあります」と田舎育ちを告白。

    小さい頃は近くの川で魚を釣ったり野山を駆け回ったりするような野生児だったという。

    小学校から高校3年までバスケットボールに打ち込んでいたことも明かしており、その肉体美の秘密とピュアな素顔が少しずつ解き明かされている。

    さらに、9月11日に発売される「週プレ」の秋の合併号の特別付録DVDに初の映像コンテンツとインタビューの完全版が収録されることが決定。すでに「お宝化しそう」という声が上がっており、グラビアデビュー直後にしてブレイク秒読みのような状態。

    18歳の完全新人が今年下半期のグラビア界の台風の目になるのは間違いなさそうだ。

    【日時】2017年08月21日
    【提供】メンズサイゾー


    【「18歳なのに色気ヤバイ」完全新人華村あすか、グラビアデビュー】の続きを読む


    歌わないけど一番人気あったんじゃない?言い寄られたらイチコロだよ。

    NO.5724536
    他にも男が?上原多香子に飛び出す大物文化人との"余罪"不倫
    元SPEEDの上原多香子(34)が出演していた舞台「『のど自慢』〜上を向いて歩こう〜」が18日の公演をもって千秋楽を迎える。

    終演後は帰京するため向かうとみられる名古屋駅まで、マスコミでごった返すことが予想されるが、この一幕をもって上原は表舞台から姿を消すとみられている。

    しかし、関係者によると「来週以降も各週刊誌では上原多香子に関する続報が載る予定」だという。

    第一報となるスクープを放ったのは、10日発売の『女性セブン』(小学館)だった。

    上原の元夫でET-KINGのメンバーだったTENNさん(享年35)が2014年に自殺した際の遺書が公開され、そこに妻と俳優・阿部力(35)の不倫を示唆する記述があったことが明らかになったのだ。

    「過去の不倫とはいえ、上原の過ちが事態を重くさせているのは間違いない。記事が出て以降、上原は何のコメントも出していないが、舞台を終えた後は事実上の引退になると見られている」(スポーツ紙記者)

    しかし、マスコミの追及は止みそうになく、特に週刊各誌は続報の準備を進めている模様。

    そして、関係者の間で特に注目されているのが、いまだ公になっていない"上原の恋愛遍歴"だという。

    「実は上原は、これまで男が途絶えたことがないといっても過言ではなく、多くの芸能人との交際が伝えられてきた。まず16歳当時にDAPUMP・ISSA(38)との半同棲が報じられたのを皮切りに、ロックバンドRIZEのJESSE(37)、子役出身の俳優・山崎裕太(36)を経て、その後は関ジャニ∞の錦戸亮(32)、元KAT-TUNの赤西仁(33)とジャニーズ勢に流れていった。今回、不倫を疑われた阿部力にしてもすでに別れており、現在は」(芸能プロ関係者)

    そんな上原に、さらなる大物の名前が浮上しているのである。

    ■"別居期間"に接点があった?
    上原とTENNさんとは2012年に結婚しているが、その前年にはダンサー・AKIHIRO(35)との交際報道もあった。

    だが、各社が追う"大物"は別のようだ。

    「上原は結婚後、TENNさんの仕事の拠点である大阪に同居していました。ところが、しばらくして仕事のために1人で上京しています。この別居期間に彼女と接点があった有名人について、各社とも取材中のようです。なかには目を疑うような大物有名人もいるそうで……ある文化人とのネタを、一部週刊誌は掴んでいると言われています。上原ネタは、まだ付きそうにない」(スポーツ紙記者)

    上原が芸能界から姿を消した直後に、どれほどの衝撃続報が飛び出すのだろうか。

    【日時】2017年08月18日 19:15
    【提供】デイリーニュースオンライン


    【他にも男が?上原多香子に飛び出す大物文化人との"余罪"不倫】の続きを読む

    このページのトップヘ